2050年に向け東レグループが目指す4つの世界

Sustainably managed resources

Towards 2050資源が持続可能な形で管理される世界

ACTIONS持続可能な循環型の資源利用と生産のために

持続可能な社会実現には、限りある資源を有効活用と循環利用による持続可能な形で管理される社会の実現、いわゆる循環型社会への移行が必要です。具体的には、石油など化石資源の使用量削減、廃棄プラスチックの削減と再利用、水資源の有効利用や再利用、二酸化炭素の資源化による有効利用など、限りある資源を持続可能な形で利活用していくことです。また、循環型社会への移行は、温暖化や海洋プラスチック問題の解決にも貢献します。東レグループは、植物などバイオ資源の活用によるバイオプラスチックの開発・事業化や、繊維・フィルム・樹脂製品のリサイクル促進、および生産段階での廃棄物削減を通して、循環型社会の実現に貢献していきます。

  • つくる責任 つかう責任

    つくる責任 つかう責任RESPONSIBLE CONSUMPTION AND PRODUCTION

非化石資源(バイオ資源)の活用

非可食の植物資源から作る繊維、バイオテクノロジーと膜分離技術を応用したバイオ原料・燃料の創生など、化石資源に頼らない社会を目指します。

製品のリサイクル促進

繊維、樹脂、フィルム、炭素繊維―様々な素材を提供するメーカーとして、製品のリサイクルを促進します。

生産現場からの廃棄物削減

資源を有効に活用するとともに、リサイクルを進め、廃棄物の削減に取り組んでいきます。

FEATURED ARTICLES特集記事

明日につながる繊維 – 石油ではなくサトウキビから
環境に優しいポリエステルを

A MATERIALS WORLD #02

東レが開発した植物由来ポリエステル繊維は、衣料の世界を変えるだけでなく、地球環境保全を後押しします。このエコ素材は市場からも歓迎されるでしょう。

バイオマス活用でスイートなエネルギーを

A MATERIALS WORLD #03

製造業で高まる環境志向。東レが開発したバイオの革新技術が、従来の製糖プロセスを大きく変えようとしています。