CSR活動報告(各CSRガイドラインの活動報告)

東レグループでは、CSR活動を推進するために、取り組むべき行動指針として、企業統治から社会貢献まで幅広く網羅した10項目のCSRガイドラインを定め、それぞれのガイドラインごとに推進責任者を設置しています。
また、CSRガイドラインの活動を組織的かつ計画的に推進していくために、3カ年のCSR推進計画としてCSRロードマップを策定しています。CSRロードマップでは、具体的な活動目標を定めるとともに、KPI(重要達成指標)を設定して毎年度進捗を定量的に管理しています。

CSRロードマップ2022では、中期経営課題“プロジェクトAP-G 2022”に合わせて2020~2022年度を対象期間とし、下記の10項目からなるCSRガイドラインに基づいてCSR活動を推進しています。
今回のロードマップでは、原則として東レグループ全体を対象範囲としてKPIを設定し、グループ全体でCSR推進活動に取り組む方向性を明らかにしました。
また、KPIを設定している取り組みだけでなく、KPI以外の重要な取り組みについてもガイドラインごとに記載して、CSRの取り組みをより一層推進しています。

CSR活動報告とESGの対照表はこちら

  1. 1. 企業統治
  2. 2. 倫理とコンプライアンス
  3. 3. 安全・防災・環境保全
  4. 4. 製品の品質と安全
  5. 5. リスクマネジメント
  6. 6. コミュニケーション
  7. 7. 事業を通じた社会的課題解決への貢献
  8. 8. 人権推進と人材育成
  9. 9. サプライチェーンにおけるCSRの推進
  10. 10. 良き企業市民としての社会貢献活動

CSRロードマップ2022における2020年度のKPI達成状況

  • 一覧 : CSRロードマップ2022
    (2020-2022年度)
    (PDF:998KB)