環境・エネルギー開発センター

環境・エネルギー開発センターは、東レグループの環境・エネルギー分野における技術連携拠点の中核組織として2011年1月に設立されました。現在は環境資材開発室、新エネルギー材料開発室、企画推進グループの体制で、資源・エネルギー問題、地球環境問題の解決に向けたグリーンイノベーション分野および健康・長寿への貢献を目指すライフイノベーション分野への新製品の開発を推進しています。

環境・エネルギー開発センター本館(瀬田工場内)
環境・エネルギー開発センター本館(瀬田工場内)

グリーンイノベーション(新エネルギー材料)

次世代自動車の性能向上や水素エネルギーの本格普及、低炭素社会の実現に貢献する燃料電池、リチウムイオン電池等の部材・材料開発を推進しています。燃料電池においては、センター内に主要構成部材である電極基材等の試作・評価設備、燃料電池セルでの発電性能評価設備を保有し、量産を見据えた材料・プロセスの要素技術開発、評価を行うことで、お客様、社内関係部署との共同開発を加速化させています。

燃料電池 電極基材
燃料電池 電極基材
燃料電池 電極基材
燃料電池 発電性能評価設備

グリーンイノベーション(環境資材)

熱交換換気装置と熱交換シートの断面

熱交換換気装置と熱交換シートの断面(拡大)

省エネ・省資源化、CO2削減、快適性向上等に貢献する省エネ住環境資材、吸音材、電磁波対策資材等の開発を推進しています。住環境資材においては、東レの先端素材であるナノファイバーを適用した新規熱交換素子を開発、熱交換換気装置の大幅な性能向上(熱損失低減)に貢献しています。

ライフイノベーション

LIVMOA®シリーズ化学防護服(高通気タイプ)

LIVMOA®シリーズ化学防護服(高通気タイプ)

医療現場、作業現場の負担軽減や健康・長寿社会の実現に貢献する機能性防護服、フェイスマスク基材、血糖値センサー、おむつ等の衛生製品材料、歩行アシストウェア等の開発を推進しています。機能性防護服においては当社の繊維・フィルム先端素材の融合により、安全性と快適性(着用時の暑さ・蒸れを抑制)を両立コンセプトとするLIVMOAⓇシリーズの開発を進めています。

LIVMOA®シリーズ 感染対策衣現地実証試験の様子(ギニア共和国)

LIVMOA®シリーズ 感染対策衣現地実証試験の様子(ギニア共和国)