社長ごあいさつ

わたしたちは
新しい価値の創造を通じて
社会に貢献します

東レ株式会社 
代表取締役社長
日覚昭廣

平素より、東レ株式会社ならびに東レグループへの格別のご理解とご支援を賜り、心より御礼申し上げます。

東レ株式会社は1926年、レーヨン糸の生産会社としてスタートしました。
以来、基礎素材メーカーとして、新分野・新素材の開拓に励み、創業時の繊維に加えて、樹脂、ケミカル、フィルム、さらには炭素繊維複合材料、電子情報材料、医薬・医療、水処理・環境といった様々な分野において多くの先端材料、高付加価値製品を創出してきました。

現在東レグループは、日本を含む世界の26カ国・地域で事業を展開しており、ものづくりの中核である日本国内で創出した高付加価値製品の用途開発を世界各地で行うことにより、グローバルな規模での持続的な成長サイクルを実現してまいります。

また、当社は創業以来、「社会への奉仕」を存立の基礎と捉え、1955年にはこれを社是として明文化しました。 この思想は、1986年に制定した企業理念「わたしたちは新しい価値の創造を通じて社会に貢献します」へと繋がり、2018年7月に策定した「東レグループ サステナビリティ・ビジョン」にも受け継がれています。

わたしたちの事業活動は、自然環境をはじめ、社会から多くの恩恵を受けて成り立っています。
今後も東レグループは、「企業の社会的責任(Corporate Social Responsibility : CSR)」を重んじ、「安全・防災・環境保全」並びに「企業倫理・法令遵守」を最優先の経営課題に位置づけるとともに、社会に役立つ製品・サービスを提供することで、社会の恩に報い、ステークホルダーの皆様の期待に応えてまいります。

引き続きこれまでと変わらぬご支援とご鞭撻を賜りますよう、お願い申し上げます。