主要論文 2010年

2010年12月

掲載誌 論文タイトル 著者名
化学経済 東レの新機能性衣料用繊維の開発動向 荒西 義高
PACIFICHEM 2010 proceedings Thermo-plasticized cellulose derivative and its utilization for a fiber H. Kano, H. Yamada, Y. Aranishi, Y. Maeda
第19回ポリマー材料フォーラム講演要旨集、招待講演2CIL02 高分子“ナノアロイ” 小林 定之
2010 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies, Preprints Energy saving RO membrane based on scientific research Takafumi Ogawa, Masahiro Henmi, Masahiro Kimura, Hiroki Tomioka, Takao Sasaki, Masakazu Koiwa
第19回ポリマー材料フォーラム1PB13 PEFC用炭化水素系電解質膜の低加湿発電・高耐久性に向けた検討 足立眞哉、希代 聖幸

2010年11月

Proceedings of the 7th Asian-Australasian Conference on Composite Materials 高サイクル疲労荷重下におけるクロスプライCFRP積層板のトランスバースクラック発生評価 高村 啓吾、 細井 厚志、 佐藤 成道、 川田 宏之
Composites Part A Enhancement of strength and uniformity in unidirectionally arrayed chopped strands with diagonal angled slits I.Taketa, N. Sato, A. Kitano, M. Nishikawa, T. Okabe
The AMS6/IMSTEC10 Conference, Preprints Sea Water RO (SWRO) Membrane with Energy Saving and High Boron Removal Masahiro Kimura, Takao Sasaki, Hiroki Tomioka, Masahiro Henmi, Yoshinari Fusaoka
Water Science and Technology, 62(9), 2134 (2010) High Performance RO Membranes for Desalination and Wastewater Reclamation and Their Operation Results M. Henmi, Y. Fusaoka, H. Tomioka, M. Kurihara
日本神経精神薬理学雑誌 2010;30:185-191. オピオイドκ受容体作動薬ナルフラフィン塩酸塩の薬理作用 中尾 薫、 長谷部 光、 吉川 悟、 池田 顕、 平形 美樹人、 宮本 庸平、 望月 英典

2010年10月

Proceedings of the 5th International Conference on Fatigue of Composites 疲労荷重下のCFRP積層板のトランスバースクラック発生予測 細井 厚志、 高村 啓吾、 佐藤 成道、 川田 宏之
Thrombosis and Haemostasis TRA-418, a thromboxane A2 receptor antagonist and prostacyclin receptor agonist,inhibits platelet-leukocyte interaction in human whole blood. Miyamoto M, Ohno M, Yamada N, Ohtake A, Matsushita T.
J. Vet. Med. Sci. Scratching Behavior of ICR-Derived Glomerulonephritis (ICGN) Mice Y. Miyamoto, H. Umeuchi, T. Kurokawa, K. Nakao, K. Okano
燃料電池秋号10-17, 10(2), 2010 PEFC用炭化水素系電解質膜の低加湿発電・高耐久性に向けた検討 希代 聖幸
2010年度高分子学会燃料電池材料研究会講座
主題=非フッ素系電解質膜の可能性
炭化水素系電解質膜低加湿・高耐久化に向けた東レの検討状況 希代 聖幸

2010年9月

第59回高分子討論会予稿集 第2巻、p4091-4092 反応誘発型相分離によるナノ構造制御 小林 定之、 野村 圭一郎
第59回高分子学会年次大会講演要旨集、招待講演2A15IL 世界の水問題解決に貢献する水処理用分離膜技術 辺見 昌弘
第59回高分子討論会講演要旨集、 依頼講演2U08 高性能RO膜の研究開発 辺見 昌弘、 木村 将弘、 佐々木 崇夫、 富岡 洋樹
J. Pharm. Sci., 2010, 99, 3986. Physical characterization of TRK-720 hydrate, the very late antigen-4 (VLA-4) inhibitor, as a solid form for inhalation: Preparation of the hydrate by solvent exchange among its solvates and mechanistical considerations. M. Shiraki
第59回高分子討論会講演要旨集、依頼講演 3l02 有機薄膜太陽電池用ドナー材料の開発 北澤 大輔、 渡辺 伸博、 山本 修平、 塚本 遵

2010年8月

Proceedings of the 25th International Carbohydrate Symposium Melt spinning of the thermo-plasticized cellulose derivative H. Kano, H. Yamada, Y. Aranishi, Y. Maeda
Composites Part A 炭素繊維強化ポリプロピレンと自己強化ポリプロピレンからなる層間ハイブリッドコンポジット I. Taketa, J. Ustarroz, L. Gorbatikh, S.V. Lomov, I. Verpoest
米国電気電子学会 部品・実装・製造技術分科会 シンポジウム2010 3次元パッケージに向けたウェハ/チップ実装用接着剤 野中 敏央、 藤丸 浩一、 嶋田 彰、 朝日 昇、 龍田 佳子、 仁王 宏之、 立花 康子
化学工学会第42回秋季大会講演要旨集、展望講演V208 水処理用分離膜の最先端技術と今後の動向 -逆浸透膜を中心に- 辺見 昌弘
J. Photopolym. Sci. Technol.,
23 (2010) 293-296.
Quinoxaline-Based Donor Polymers for Organic Solar Cells D. Kitazawa, N. Watanabe, S. Yamamoto, J. Tsukamoto

2010年7月

Composites Part A, 41 (2010), 1639–1646 角度スリットを入れた一方向配向チョップドストランドの強度および均質性向上 I. Taketa, N. Sato, A. Kitano, M. Nishikawa, T. Okabe
細胞 42(8), 349-352, 2010-07 IL-1βとその内在性アンタゴニストIL-1Raのバランスから考える1型インターフェロンの作用の違い 木綿 しのぶ、 鈴木 知比古
J.Biochm(Tokyo) Time-saving mutiplex detection of Single Nucleotide Polymorphisms by ultrasensitive DNA microarray M. Ichikawa, K. Miwa, T. Yamasaki, I. Nakagawa, S. Takizawa, S. Masuda(Kyoto Univ.), K. Inui(Kyoto Univ.)
International Conference on Science and Technology of Synthetic Metals 2010 9B1-01 (invited) Newly Developed Donor Polymers for Organic Thin Film Solar Cells D. Kitazawa, N. Watanabe, S. Yamamoto, J. Tsukamoto
International Conference on Science and Technology of Synthetic Metals 2010 8P-204 Quinoxaline-Based Low Bandgap Polymers for Highly Efficient Organic Thin-Film Solar Cells N. Watanabe, D. Kitazawa, S. Yamamoto, J. Tsukamoto
International Conference on Science and Technology of Synthetic Metals 2010 8P-187 Composition Depth Profile Analysis of Polymer-Fullerene Layer by TOF-SIMS with Gradient Shaving Preraration S. Yamamoto, D. Kitazawa, J. Tsukamoto, T. Shibamori, H. Seki, Y. Nakagawa
NEDO平成21年度成果報告シンポジウム(燃料電池・水素技術分野) 高性能炭化水素系電解質膜の研究開発 希代聖幸

2010年6月

Proceedings of 14th European Conference on Composite Materials Hybrid effects on the interply composites reinforced with carbon fibre and stretched polypropylene I.. Taketa, L. Gorbatikh, S.V. Lomov, I. Verpoest

2010年5月

SAMPE 2010 予稿集
2010年5月
航空機主構造用A-VaRTM材料 吉岡 健一、 釜江 俊也、 河内 真二、 和田 原英輔、 篠田 知行
日本薬理学雑誌 2010;135:194-203 新薬紹介総説
新規経口そう痒症改善薬ナルフラフィン塩酸塩(レミッチ®カプセル2.5μg)の特徴および臨床試験成績
中尾 薫、 安藤 晃裕、 平形 美樹人、 安藤 直生、 竹下 浩一郎、 宮本 庸平、 望月 英典
J. Pharmacol. Toxicol. Methods Reduction of non-specific adsorption of drugs to plastic containers used in bioassays or analyses T. Fukazawa, Y. Yamazaki, Y. Miyamoto
第17回燃料電池シンポジウムA8 PEFC用炭化水素系電解質膜の低加湿・高耐久性に向けた検討 希代 聖幸、 足立 眞哉、 下山 直樹、 鳥飼 潤、 真壁 芳樹

2010年4月

Intern.Polymer Processing,02, 159-169 (2010) 紡糸口金直下のポリマー流動制御がポリエチレンテレフタレート繊維の力学特性に与える影響 増田 正人、 宝田 亘、 鞠谷 雄士
Proceedings of SAMPE Europe 31th international conference 炭素繊維強化ポリプロピレンと自己強化ポリプロピレンのハイブリッド化 I.Taketa, J. Ustarroz, L. Gorbatikh, S.V. Lomov, I. Verpoest
ファルマシア 新規メカニズムに基づく難治性そう痒症治療薬塩酸ナルフラフィンの創出 長瀬 博(北里大学)、河合 孝治
Toxicol. In Vitro., 24, 039-1044(2010). Comet Assay in Murine Bone-marrow Cell line (FDC-P2). K. Oshida, E. Iwanaga, K. Miyamoto, Y. Miyamoto

2010年3月

Cellulose communications 熱可塑性セルロース系繊維“フォレッセ”の展開 山田 博之、 荒西 義高
材料システム、第28巻(2010)、p.21-26 CFRTP射出成形品の寸法精度と成形プロセス中の粘弾性挙動 武部 佳樹
Polyfile ポジ型感光性ポリイミド“フォトニース” 富川 真佐夫
J. Med. Chem., 53, 2087-2093(2010). Structural Basis for Platelet Antiaggregation by Angiotensin II type 1 Receptor Antagonist Losartan (DuP-753) via Glycoprotein VI. K. Ono, H. Ueda, Y. Yoshizawa, D. Akazawa, R. Tanimura, I. Shimada, H. Takahashi

2010年2月

09-2高分子学会講演会 講演要旨集、p21-24
※高分子学会賞受賞講演
二軸延伸ナノアロイフィルムの開発と工業化 東大路 卓司、 恒川 哲也
高分子2010年2月号 環境にやさしい断熱発泡シート 末岡 雅則
環境浄化技術 ホウ素の除去能力を高めた淡水化用逆浸透膜の開発 辺見 昌弘
Toxicol. In Vitro., 24, 85-91(2010). Identification of AhR-regulated Genes involved in PAH-induced Iimmunotoxicity using a Highly-sensitive DNA chip,3D-Gene Human Immunity and Metabolic Syndrome 9k. S. Iwano, M. Ichikawa, S. Takizawa, H. Hashimoto, Y. Miyamoto
Journal of Controlled Release (2010) 142 8-13 Controlled Release of Protein Drugs from Newly Developed Amphiphilic Polymer-based Microparticles Composed of Nanoparticles. Y. Kakizawa, R. Nishio, T. Hirano, Y. Koshi, M. Nukiwa, M. Koiwa, J. Michizoe, N. Ida

2010年1月

International Journal of Fatigue, 32 (2010), 29-36. 擬似等方CFRP積層板の高サイクル疲労特性(トランスバースクラックとの相互作用を考慮した層間剥離の発生および進展) Atsushi Hosoi, Narumichi Sato, Yasuyuki Kusumoto, Keita Fujiwara, Hiroyuki Kawada
材料システム, 28 (2010), 24-51. CFRP直交積層板におけるトランスバースクラック発生の温度依存性 川田 宏之、 小柳 潤、 細井 厚志、 梶原 俊作、 石岡 義和、 佐藤 成道
Materials Stage 有機ELディスプレイ用絶縁材料 三好 一登
光配向テクノロジーの開発動向 有機半導体の光配向制御 藤原 健典
月刊地球環境 省エネルギー型高ホウ素除去海水淡水化用逆浸透膜の開発 辺見 昌弘
Diabetes,
59(4), 1092-1100(2010).
The Prostacyclin Analog Beraprost Sodium Ameliorates Characteristics of Metabolic Syndrome in Obese Zucker (fatty) Rats. N. Sato, M. Kaneko, M. Tamura, H. Kurumatani
薬剤学,
70(1), 14-20 (2010)
ポリマーナノ粒子集合体を用いたバイオ医薬DDS技術の開発 西尾 玲士、 柿澤 資訓、 井田 伸夫
高分子論文集 電荷ゆらぎ分子動力学法による高分子電解質のナノ構造形成 川上 智教、 茂本 勇