CSR活動報告(各CSRガイドラインの活動報告)

倫理とコンプライアンス

社会からの信頼を獲得すべく、全ての役員と社員が常に公正さと高い倫理観、責任感を持ち、
コンプライアンス意識に基づいた行動を徹底します。

基本的な考え方

東レグループでは、「わたしたちは新しい価値の創造を通じて社会に貢献します」という企業理念を定めています。

この理念に沿って革新技術・先端素材を生かし、世界の重要な課題に取り組むことで社会への貢献を実現しています。そのためには、さまざまなステークホルダーと信頼関係を構築し、維持することが必要となります。そして、この信頼を得るには、すべての事業活動に関わる各国の法令を遵守し、誠実に行動することが欠かせません。

経営トップが自ら率先してコンプライアンスを最優先課題として取り組むとともに、グループ内はもちろん、サプライヤーに対しても倫理・コンプライアンスの推進を求めています。

関連する方針等

「倫理・コンプライアンス規程」

東レ(株)は、倫理・コンプライアンス推進体制、健全な企業風土の醸成、問題発生時の対応、原因究明と再発防止の取り組み、および国内・海外関係会社における企業倫理・法令遵守への取り組みなどについて、「倫理・コンプライアンス規程」および関連規準・要領で定めています。

「倫理・コンプライアンス行動規範」

東レグループは、すべての役員・社員が守るべき重要なルールとして、「倫理・コンプライアンス行動規範」を定めています。

倫理・コンプライアンス行動規範

体制

東レ(株)は、全社委員会として社長を委員長、執行役員を委員とする「倫理・コンプライアンス委員会」を設置し、労使一体となって倫理やコンプライアンスに関する方針審議や対策協議を行っています。さらに東レグループで設けている内部通報制度の運用状況(通報(相談)件数および内容など)を、倫理・コンプライアンス委員会を通じて取締役に報告しています。
2020年度は、本委員会を2回開催し、東レグループの2019年度の倫理・コンプライアンス活動結果および2020年度の活動計画・進捗状況について審議・協議したほか、倫理・コンプライアンス行動規範の改訂やコンプライアンス月間の実施などの個別施策についても協議しました。
各職場においては、各本部・部門長をリーダーとしてトップダウンで取り組みを推進しています。
国内・海外関係会社については、倫理・コンプライアンス委員会の下部組織として「国内関係会社コンプライアンス会議」および「海外関係会社コンプライアンス会議」を設置し、各社、各国・地域でのコンプライアンス活動の検討・推進を行っています。

CSRロードマップ2022の目標

CSRロードマップ目標

  1. 東レグループ全体で、贈賄規制、独占禁止法違反など重大な法令・通達違反の件数ゼロを達成します。
  2. 東レグループ全体の倫理・コンプライアンス意識向上に向けて、モニタリングを実施します。
  3. 企業倫理・コンプライアンスに関する啓発・教育活動を強化します。

主な取り組みとKPI実績

KPI
(1)重大な法令・通達違反件数ゼロを目指します。
2-❶
(2)自由・公正・透明な市場競争に基づく適正な取引を行います。
-
(3)反社会勢力とは一切関係を遮断し、毅然とした対応を徹底します。
-
(4)法務内部監査を実施し、監査指摘事項を改善します。
2-❷
(5)内部通報制度を適切に運用していきます。
-
(6)「倫理・コンプライアンス行動規範」を周知徹底していきます。
-
(7)重要法令、その他コンプライアンスに関する情報発信・教育を行います。
2-❸
KPI(重要達成指標) 目標値 2020年度 実績
2020年度 2021年度 2022年度
0件 0件 0件 1件※1

監査:東レ(株)、国内関係会社、海外関係会社において実施
改善:各監査翌年度に100%

改善率:100%※2
100% 100% 100% 100%
  1. 報告対象範囲:東レグループ
  1. ※1 東レグループの商事子会社である東レインターナショナル(株)が、経済産業省貿易協力局長より、同社が外為法上の輸出許可を取得して中国に輸出した炭素繊維が流出したことおよびその背景に取引審査を適切に実施していなかったことなどの不備があったものとして、再発防止と厳正な輸出管理を求めることなどを内容とする警告を受けました。このような事態を招いたことに関して、東レグループは再発防止としてグループ全体の輸出管理とコンプライアンスの徹底に取り組んでいきます。
  2. ※2 改善実施中のものを含む。

■関連マテリアリティ

  • 法令遵守・コンプライアンス
  1. マテリアリティからみたCSRロードマップ2022の主な取り組みやKPI・実績進捗のまとめについては、こちら(PDF:1.6MB)PDFをご覧ください。

今後に向けて

東レグループでは、2018年度からの施策として、「正しいことを正しくやる、強い心」というスローガンを掲げ、以下の4つのコンプライアンス行動プリンシプルを定め、より一層実効性のある取り組みを推進しています。

コンプライアンス行動プリンシプル

  • B : Be fair, be honest and have integrity
    フェア、正直、そして強い心
  • E : Encourage respect and communication
    リスペクトとコミュニケーション
  • A : Adopt a “genba” approach – Look to the facts!
    現場主義
  • R : Responsibility as a member of our excellent company
    エクセレントカンパニーの一員としての責任

B.E.A.R.ロゴ

コンプライアンス行動プリンシプルの頭文字を取った「ミッションBEAR」活動では、東レグループ各社でコンプライアンスに関する宣言や対応計画を策定し、各社の実態に則した取り組みを実行しています。

これらの各社の取り組みについて、定期的にフォローアップを実施するとともに、各社の良い取り組みをグループ内で共有し、各社が自律的にコンプライアンス活動を深化させることを推奨しています。

2020年度は、引き続き各社のコンプライアンス推進活動の支援と、コンプライアンス強化月間をはじめとするコンプライアンスに関する取り組みの共有や新しい教育ツールの共有、リモートワークに対応した動画での教育資料の共有を積極的に行いました。これらの活動を通して、地域・事業内容を意識したリスク対応を強化し、「強い心 - integrity」を中心とした企業文化を構築していきます。

2020年度の活動報告

2020年度の活動報告をご紹介します。