研究開発組織

化成品研究所

化成品研究所は、1999年(平成11年)に樹脂研究所とケミカル研究所が統合され、ケミカル製品からポリマー製品まで幅広い化成品を創出する研究所として発足しました。ポリマーサイエンス、合成化学技術、触媒技術、およびナノテクノロジーを駆使し、情報通信分野、自動車・航空機分野で活躍する東レの先端材料の創出研究を進めています。さらに、地球温暖化防止や資源枯渇問題の解決につながる研究開発にも取り組んでいます。

ポリマーの分散状態ポリマーの分散状態
ナノオーダーに精密制御された3 次元的な連続構造を形成させるナノアロイ技術の開発に成功

樹脂研究室

樹脂研究室では、ポリマーの重合・分子設計、ポリマーアロイ、ポリマーの複合化および成形加工などの要素技術をベースとし、ポリマーの高機能化およびプロセスに関する研究に取り組んでいます。特に近年は、高耐熱性、難燃性、耐薬品性を有し、ハイブリッドカー等への適用が進んでいるポリフェニレンサルファイド(PPS)やLCP などのスーパーエンジニアリングプラスチックの研究、世界初のナノアロイ® の創出などの研究に注力しています。

最近の研究成果としては、独自のポリマー分子設計技術とナノオーダーのポリマー構造制御技術、および溶融混練技術などを総合的に追求し高度に融合したエンジニアリングプラスチックの良流動化新技術があります。

また環境低負荷材料として、バイオマス由来原料から得られるポリアミド、ポリエステルなどの研究・開発にも取り組んでいます。

このように樹脂研究室は、東レのポリマー拠点としての役割を担っており、高分子新素材の創出に向けた基礎研究も行っています。

NANOALLOY®サイト

  • 既存材料既存材料
  • ナノアロイ®ナノアロイ®

通常は高機能プラスチックとしての特性を示し、急激に衝撃を加えたときにゴムのように変形して衝撃を吸収する世界初の衝撃吸収プラスチックの開発に成功

  • 従来技術従来技術
  • 新技術新技術

マトリックスポリマーの中にナノ微粒子状に分散させてナノアロイ化することで、ポリマー分子の運動性が向上し、溶融成形加工で重要となる流動性の大幅向上を実現

ケミカル研究室

ケミカル研究室では、有機合成、無機合成、触媒技術の要素技術をベースに、カーボンナノチューブ(CNT)などの炭素材料、炭素繊維複合材料に用いられる熱硬化性樹脂や、ポリマー微粒子などのファインポリマーの研究に取り組んでいます。

当室では、独自の触媒技術をベースに、世界最高レベルの高純度、高導電2層CNTの合成技術を確立し、透明導電フィルムで上市を果たすなど、先端材料への適用を進めています。

また、炭素繊維複合材料用の熱硬化性樹脂は、自動車・航空機分野をターゲットに開発が進んでおり、ポリマー微粒子は、電子情報材料、高機能フィルム、コスメチック、複合材料などさまざまな用途での開発が進むなど、ケミカル分野の新製品開発、先端材料に寄与するケミカルソリューション提供を推進しています。

今後も、ケミカル製品からポリマー製品に及ぶ幅広い要素技術の強化とポリマーサイエンス、合成化学技術、触媒技術、ナノテクノロジーを融合し、先端材料としての化成品を創出していきます。

電子ペーパー用高純度2層カーボンナノチューブ

電子ペーパー用高純度2層カーボンナノチューブ

  • 走査電顕写真走査電顕写真
  • 透過電顕写真透過電顕写真

研究開発の歩み(抜粋)

1951 合成繊維研究室(後のケミカル研究所)設立
1959 プラスチック研究所(後の樹脂研究所)設立
1962 カプロラクタム(PNC法)の生産開始
1975 PBT樹脂の生産開始
1997 液晶ポリエステル シベラス®の生産開始
1999 化成品研究所設立
2001 ナノアロイ®の創出
2007 衝撃吸収プラスチックの開発
バイオマスプラスチック エコディア®の開発
2009 PBT良流動グレード実用化
2012 CNT透明導電フィルム(電子ペーパー用)の実用化