受賞歴 2005年以前

日本化学会化学技術賞

表 彰 内 容
2003 感光性ガラスペーストによるPDP隔壁形成技術
2000 敗血症治療用エンドトキシン吸着カラムの研究開発
1999 表面実装対応ビフェニルエポキシ封止材の開発
1996 パラ系アラミドフィルムの開発
1992 架橋芳香族ポリアミド複合逆浸透膜の開発
1988 “東レ水なし平版”システムの開発
1976 ポリアクリロニトリルを原料とする炭素繊維製造技術の確立と工業化
1973 スエード調一層構造人工皮革の技術開発
1971 トルエン不均化および高純度シクロヘキサン製造技術の確立と工業化
1964 光ニトロソ化(PNC法)によるε-カプロラクタムの製造
1951 ポリアミド合成繊維の研究とその工業的製造技術の確立

高分子学会賞

表 彰 内 容
2002 構造制御された二軸延伸PPSフィルムの研究開発
1996 液晶ポリエステル樹脂の開発
1993 超高強度炭素繊維の開発
1991 感光性ポリイミドの開発と工業化
1988 高屈折率プラスチック眼鏡レンズの開発と工業化
1971 制電性ナイロンの開発
1968 ポリエステル連続重合技術の工業化研究

大河内賞

表 彰 内 容
2003 ポリアミド複合逆浸透膜および逆浸透膜システムの開発
2001 パラ系アラミドフィルムの開発
1996 磁気記録媒体用PETフィルム表面形成法の開発(記念生産特賞)
1994 経口PGI2誘導体ベラプロストナトリウムの開発と企業化(記念技術賞)
1987 天然型ヒト・インターフェロン ベータ製剤の生産技術の開発(記念生産賞)
1975 溶融紡糸延伸直結法の開発と工業化(記念生産賞)
1973 新しいパラキシレンの製造技術の開発と工業化(記念生産賞)
1972 オープンエンド精紡機MS400の発明およびその工業化(記念生産賞)
1968 光ニトロソ化(PNC法)によるε-カプロラクタムの製造(記念生産特賞)

繊維学会技術賞

表 彰 内 容
2004 ポリ乳酸繊維系ボードの開発
2002 制菌加工素材“Makspec”の開発
2000 高吸放湿ナイロン繊維“キュープ”の開発
1998 ドライ感中空ポリエステル繊維“シルックエアリー”の開発
1995 革新的な人工皮革技術TACTの開発
1994 絹の質感を有する改質ナイロン繊維“クリスロン”の開発
1993 長繊維コントロール型長短複合糸の開発
1992 絹鳴りのする高異収縮ポリエステル混繊糸
“シルックロイヤルS”の開発
1989 高性能イオン交換繊維の開発
1985 透湿防水性布帛の開発
1981 新しい結束紡績法の技術確立
1977 繊維の染めむら測定システムの開発
1975 高分子配列繊維の開発

井上春成賞

表 彰 内 容
1997 敗血症治療用血液浄化器の開発

化学工学会技術賞

表 彰 内 容
2000 高効率2段法新規海水淡水化システムの開発
1994 超純水製造用架橋芳香族ポリアミド系複合逆浸透膜エレメントの開発
1992 塩素化芳香族異性体製造法の開発
1989 ヒト正常細胞の大量培養技術による天然型インターフェロン ベータ製造法の工業化
1984 ABS樹脂、AS樹脂の連続塊状重合技術の開発
1981 酵素法によるL-リジン製造プロセスの開発
1973 光酸化による水処理プロセスの開発
1971 トルエンの不均化技術の確立と工業化

ものづくり日本大賞(内閣総理大臣表彰)

表 彰 内 容
2005 航空機一次構造材用高性能炭素繊維プリプレグの生産技術開発(優秀賞)

日化協技術賞

表 彰 内 容
1991 航空機用炭素繊維強化複合材料“トレカ”プリプレグP2302の開発
1989 ヒト線維芽細胞の大量培養による 天然型インターフェロンベータの生産技術の開発
1987 スタティックキャスト重合法による連続装用可能なソフトコンタクトレンズの開発
1968 光ニトロソ化(PNC法)によるε-カプロラクタムの製造

市村賞

表 彰 内 容
1976 漢字情報処理システムの開発

全国発明表彰

表 彰 内 容
1996 経口PGI2誘導体ベラプロストナトリウムの発明(弁理士会会長賞)
1994 高屈折率プラスチックレンズの発明(特許庁長官賞)
1990 ポジ型水なし平版印刷版材の発明(日本商工会議所会頭発明賞)
1983 仮撚紡績糸に関する発明(発明賞)
1979 高分子相互配列体繊維とその応用に関する発明(内閣総理大臣発明賞)
1972 シクロアルカノンオキシム塩酸塩の光化学的製造法に関する発明(科学技術庁長官発明賞)

繊研合繊賞

表 彰 内 容
2005 ナノテクノロジーによる繊維加工技術“ナノマトリックス”の開発(テクニカル部門賞)
2005 極細ポリエステル長繊維“uts”の販売(ヒット賞)
2005 シルキー調ポリエステル長繊維織物“シルクデュエット”の開発(マテリアル部門賞)
2004 産地企業集団「東レ合繊クラスター」の設立(グランプリ)
2004 シルキー調ポリエステル長繊維織物“シルックデュエット”の開発(マテリアル部門賞)
2004 冷感軽減性に優れた速乾水着素材“サラカラ”の販売(マーケティング部門賞)
2004 白い美脚パンツ向けの透け防止素材“ボディシェル”の販売(ヒット賞)
2003 ポリエステル・ナイロン複合のハイマルチコンパクト織物“アーティローザ”の開発と販売(マテリアル部門賞)
2003 バンブー繊維“爽竹”の商品展開 (マーケティング部門賞)
2003 “トレシー”洗顔クロスの販売 (ヒット賞)
2002 ナノ構造制御技術によるナノファイバーの開発(テクニカル部門賞)
2002 花粉付着抑制ウエア企画“アンチポラン”の販売(マーケティング部門賞)
2001 ナイロン66短繊維織物“セボナー”ファミリーの開発 (マテリアル部門賞)

フジサンケイ先端技術賞 優秀賞(産経新聞社賞)

表 彰 内 容
2005 超高感度DNAチップの開発

日本複合材料学会 技術賞

表 彰 内 容
2005 自動車用RTM樹脂の開発

国際脱塩学会(IDA)会長賞

表 彰 内 容
2005 専任理事 栗原 優
2005年度国際脱塩協会シンガポール大会におけるテクニカルプログラムリーダーとしての貢献

先端材料技術協会製品技術賞

表 彰 内 容
2004 高速鉄道車両構体の一体成形