関連技術部署

複合材料関連技術部署

炭素繊維複合材料事業は、航空・宇宙用途、産業用途、スポーツ用途等を中心にグローバルに展開して います。軽量であることからグリーンイノベーション事業の中核材料に位置付けられ、今後も高成長が見込まれています。これに対応するため、炭素繊維、樹脂などの川上技術から中間基材やコンポジット(炭素繊維複合材料)設計・成形加工に関する川中・川下技術までの一貫した技術開発体制を敷き、新製品開発、新規用途開拓、テクニカルマーケティングをグローバルな視点から推進しています。今後は、航空用途の拡大のみならず、米国、欧州やアジア・新興国向け産業用途の拡大に対応していくため、品質・コスト競争力の高い新製品開発、新規用途開拓を推進し、グローバルな事業展開をさらに強化していきます。

トレカ技術部

「強さが鉄の10倍、軽さがアルミの1/2」と表現され、航空・宇宙用途、産業用途、スポーツ用途等に幅広く使用されている炭素繊維 トレカ®の、先端材料・技術革新としての新製品開発・新規用途開拓を推進しています。

プリプレグ技術部

トレカ®を強化繊維として、マトリックス樹脂を含浸させたプリプレグの新製品開発・新規用途開拓を行っています。特に、衝撃後圧縮強度と高温吸湿時圧縮強度とを同時に満足する高性能プリプレグは、航空機用途の一次構造材に採用され、使用量も飛躍的に増大しています。

コンポジット技術第1部

炭素繊維や樹脂などの「川上の技術」と、コンポジット設計・成形加工の「川下の技術」を活かし、お客様の要望に応じた新しい炭素繊維中間基材(織物、プリフォームなど)を創出し、「川中の技術」に関するソリューションを提供しています。

コンポジット技術第2部

炭素繊維や樹脂、炭素繊維中間基材などの「川上・川中の技術」を基に、軽量性等の、優れた特長を活かすコンポジット設計・成形加工の技術開発を通して、自動車部材、情報機器部材、医療機器部材、航空機部材などの商品開発を推進しています。

ACM技術部

お客様と社内技術関係部署のインターフェースとなり、テクニカルマーケティングを行う一方、航空機・産業・スポーツ用途の新製品開発、新規用途開拓をグローバルな視点から企画・推進するプロジェクトマネジメントを遂行しています。

  • 自動車
  • 航空機

CFRPは、自動車や航空機の軽量化に大きく貢献

写真は「東レ先端材料展 2011」の展示物。コンセプトEVとボーイング787型機片主翼