関連技術部署

樹脂・ケミカル関連
技術部署

樹脂・ケミカル関連技術部署は有機合成化学、高分子化学をコア技術とし、化学工学、ナノテクノロジー、計算科学や高分子加工技術を融合して地球環境保全に対応した革新プロセス、先端材料を開発しています。また、海外の生産・技術開発拠点と連携することにより、競争力に優れる樹脂・ケミカル製品およびソリューションを国内外のお客様に提供しています。樹脂・ケミカル生産で培ったケミカルプロセス技術は樹脂・ケミカル事業だけでなく全社の事業拡大および環境防災に貢献しています。

樹脂技術部

エンジニアリングプラスチックの材料開発、用途開発、生産技術開発を行っており、お客様にソリューション提案をするための加工技術、分析・CAE解析技術も有しています。ナイロン、PBT、PPS、LCP、PLAの各エンジニアリングプラスチックに加えて、炭素繊維強化熱可塑性樹脂の新製品開発を行っており、海外拠点への技術輸出、海外顧客へのサポートも海外拠点と連携して行っています。

千葉工場トヨラック技術室

東レABS樹脂 トヨラック®の材料開発、用途開発、生産技術開発を行っています。また、日系ABS樹脂メーカーで唯一の海外重合拠点と連携して海外顧客のサポートも行っています。

滋賀事業場ペフ製造部技術室

電子線架橋ポリオレフィン樹脂発泡体 トーレペフ®の材料開発、用途開発、生産技術開発を行っています。また、米国工場と連携して海外顧客のサポートも行っています。

ケミカルプロセス技術部

ケミカル製品(合繊・プラスチック原料、有機原料、ゼオライト触媒、ファインポリマー・機能性微粒子、CNT、バイオケミカル)および樹脂製品(ナイロン、PPS、PBT、LCP、PAI/API)の生産技術開発および新製品開発を行っています。また、樹脂・ケミカル生産で培ったケミカルプロセス技術を全社に展開し、先端材料の工業化、革新プロセスの開発、環境防災技術の開発に貢献しています。

自動車エンジン用途の樹脂製部品

CAEによる樹脂流動解析結果自動車エンジン用途の樹脂製部品と
CAEによる樹脂流動解析結果

次世代プロセスパイロットプラント次世代プロセスパイロットプラント