グローバル連携

東麗繊維研究所(中国)
有限公司 [TFRC]

東麗繊維研究所(中国)有限公司は、2002年3月中国江蘇省南通市に研究開発専門の独立法人として設立されました。優秀な現地人材とこれまでに蓄積した技術との融合で、創造的知的価値を創出するポリマーサイエンスの研究開発拠点として、東レグループ全体の研究開発活動と一体的に運営しています。また2012年1月には、TARCの発足に伴い、繊維の研究・開発に特化した拠点として一新しました。衣料用途および産業資材用途を中心とした繊維分野におけるポリマーデザインから重合製糸、高次加工、商品開発までの幅広い研究開発を南通において一貫して行い、新世代のポリマー、繊維、衣料用テキスタイル、産業資材用商品を創出すべく、活動を推進しています。当社が持つ、南通における繊維の生産/研究・開発一貫体制を活かし、今後も東レグループの繊維製品をグローバルに展開するための研究・技術開発拠点として取り組んでいきます。

重合・製糸研究

繊維断面写真繊維断面写真

ポリエステルを中心とした重合/製糸に関する研究開発を中心に基礎研究からパイロットスケールでの生産技術開発を行っています。繊維については極限追求を切り口とした超極細繊維の研究をはじめ、環境調和(植物原料、低環境負荷など)に対応した研究も行っています。

テキスタイル研究

人工気象室における降雪人工気象室における降雪

衣料および衣料周辺用途に関する糸加工、変性、織布、染色仕上げ加工に関する基礎研究から応用開発、さらには新規商品企画開発まで幅広い領域を担当しています。

産業資材分野の研究

バグフィルターバグフィルター

中国での繊維産業資材事業を拡大するために、石炭ボイラー用集塵機の耐熱バグフィルター用途としてPPS繊維 トルコン®の普及や、エアフィルターの開発などを推進しています。今後も「環境・アメニティー」「エネルギー」分野における応用研究を推進していきます。