研究開発組織

医薬研究所

基礎研究から新規事業のシーズを発見することを目的に1962年(昭和37年)に設立された基礎研究所は、幅広い分野において多くの重要な成果を生み出し、東レの新事業拡大に貢献してきました。その後、基礎研究所は担当事業分野をライフサイエンスに特化し、さらに医薬分野とすることを明確にするために1999年(平成11年)に医薬研究所と改称されました。

ドルナー®

医薬研究所は、「革新的新薬」を目指す当社の医薬研究理念のもと、世界に先駆けた画期的な製品を生み出してきました。フエロン®はB、C型肝炎や膠芽腫などの悪性腫瘍を治療する天然型インターフェロンベータ製剤として、ドルナー®は末梢循環障害、肺高血圧症を治療する世界初の安定型プロスタサイクリン誘導体経口製剤として、レミッチ®は血液透析に伴う難治性そう痒を抑える世界初の選択的オピオイドκ(カッパ)受容体作動薬としてそれぞれ高い評価を受けています。その後、フエロン®はC型代償性肝硬変や、抗ウイルス薬リバビリンとの併用によるC型慢性肝炎に対する効能・効果の承認を取得、ドルナー®は製剤工夫を加えた徐放性経口製剤ケアロード®としても製造販売承認を取得、レミッチ®は慢性肝疾患患者におけるそう痒症の改善に対する効能・効果としての承認も取得しました。現在ケアロード®については慢性腎不全に対する臨床試験を実施中です。
東レがライフイノベーション分野での事業拡大を意識した研究・技術開発力を強化する中、高齢化、難治性疾患の克服をキーワードに、重点領域を「神経疾患(痛み、痒みおよび神経変性疾患)」と「腎・自己免疫・癌」と定め、合成医薬と生物医薬の両面から創薬研究を行っています。現在、合成医薬としては、炎症性腸疾患への有効性が期待される低分子化合物(開発番号:TRK-170)が、生物医薬としては、肝炎や多発性硬化症への有効性が期待されるPEG化インターフェロンベータ(開発番号:TRK-560)が開発段階にあります。そのほか、世界に先駆けて見出したC型肝炎の不活性化ウイルス粒子を世界中の研究者にライセンス提供するとともに、これを用いた医薬品の研究にも取り組んでいます。

強みである高度な有機合成化学、生体への深い理解に基づく総合科学としてのメディシナルケミストリー、バイオテクノロジー(遺伝子工学・蛋白工学・細胞工学)を活かし、国内外の製薬企業や大学、その他の研究機関との連携(疾患iPS細胞を用いた創薬研究など)を進める一方、先端融合研究所と共同でバイオツールの創薬への応用やバイオマーカーの探索にも積極的に取り組んでいます。

  • ドルナー® の有効成分ベラプロストナトリウムの構造式ドルナー® の有効成分ベラプロストナトリウムの構造式
  • レミッチ® の有効成分ナルフラフィン塩酸塩の構造式レミッチ® の有効成分ナルフラフィン塩酸塩の構造式

【PEG-IFNβ】PEG 化インターフェロンベータ(TRK-560) の構造イメージ

【PEG-IFNβ】PEG 化インターフェロンベータ(TRK-560) の構造イメージ

  • フエロン®フエロン®
    マイクロビーズ上の細胞がインターフェロンベータを産生
  • HCVワクチンHCVワクチン
    C型肝炎ウイルス粒子の電子顕微鏡像

研究開発の歩み(抜粋)

1962 基礎研究所設立
1985 天然型インターフェロンベータ製剤 フエロン®の生産開始
1992 フエロン®のC型肝炎への効能追加
末梢循環障害治療剤ドルナー®の生産開始
1999 医薬研究所に改名
ドルナー®肺高血圧症効能追加
2006 フエロン®のC型代償性肝硬変効能追加
2007 肺高血圧症治療剤 ケアロード®の承認取得・販売開始
2009 経口そう痒症改善剤レミッチ®の生産開始
フエロン®のC型慢性肝炎に対するリバビリン併用の効能追加
2015 レミッチ®の慢性肝疾患患者におけるそう痒症の改善に対する効能追加

※レミッチ®は鳥居薬品の登録商標です。