社会的責任への取り組み

東レグループは、国内外における経営活動を持続可能なものとし、かつ持続可能な社会の構築に向けて主体的に貢献するために、活動の基盤となる「CSRガイドライン(10項目)」を定めています。10項目のガイドラインは個々に具体的な年次計画(アクションプログラム)を設定し、PDCAのマネジメントサイクルで運営を行っています。なお、本プログラムは、世の中の潮流、社会的要請の変化を受けて適宜見直しを行っています。

CSRガイドライン

  1. 企業統治と経営の透明性
    持続可能な社会の発展に貢献するべく、企業の果たすべき役割を自覚し、常に経営システム・制度を見直しながら、内部統制の強化、適時適切な情報開示に努め、誠実にCSRを推進します。
  2. 企業倫理と法令遵守
    社会からの信頼を獲得するべく、「企業倫理・法令遵守」を経営の優先課題とし、全ての役員・社員が公正さと高い倫理観、責任感を持って行動します。
  3. 安全・防災・環境保全
    「安全・防災・環境保全」を経営の優先課題とし、原材料の調達から製品の製造、供給、廃棄に至るまでの全てのプロセスにおいて、社会と社員の安全と健康を守り環境保護に努めます。
  4. 製品の安全と品質
    安全で信頼性の高い製品を供給するため、製品安全並びに品質保証の重要性を認識し、管理体制の強化・充実と適切な情報提供に努めます。
  5. リスクマネジメント
    潜在するリスクの低減に努めるとともに、不測の事態が発生した場合には迅速な対応と的確な情報開示を実施し得るシステムを構築し、全社員に周知するべく努めます。
  6. コミュニケーション
    社員、株主・投資家、取引先・消費者、地域社会・NPO、政府・行政、マスメディア・アナリストなど各ステークホルダーとの対話と協働を促進します。
  7. 環境配慮型事業への取り組み
    「環境」「資源・エネルギー」分野において、ライフサイクルマネジメントの視点からソリューションを提供する新たな切り口で、研究・技術開発を推進し、地球環境の改善に貢献します。
  8. 人材育成と人権推進
    人材の確保と育成、雇用の多様化に取り組むとともに、社員の「雇用を守る」ことに努め、かつ人権を尊重し、常に職場環境の改善に努めます。
  9. 調達・購買先の環境・社会対応
    調達・購買先と協働し、サプライチェーンを通して、環境への配慮、法令遵守、人権推進などCSRへの取り組みを促進します。
  10. 社会貢献活動
    よき企業市民として、適切な配分によって、科学・技術、芸術・文化、社会福祉、スポーツなどの振興プログラムを自主的に推進します。

当社のCSRについて

東レグループが最優先課題として取り組んでいるCSRに関する情報がご覧いただけます。

CSR・環境

関連情報