CSR活動報告(各CSRガイドラインの活動報告) - 倫理とコンプライアンス

独占禁止法の遵守および腐敗防止・贈収賄の禁止

1. 独占禁止法の遵守

2020年5月に改定した「倫理・コンプライアンス行動規範」において、東レグループのすべての役員・社員が守るべき独占禁止法に関する行動規範を明示しています。また、独占禁止法に関する教育資料についても、東レグループの全社員向けに日本語と英語で作成しています。日本国内では「独占禁止法遵守プログラム」「独占禁止法レッドカード」も作成し、各部署で活用しています。
2020年度において反競争的行為、反トラスト、独占的慣行により東レグループが受けた法的措置はありません。

2. 腐敗防止・贈収賄の禁止

2020年1月に「贈収賄防止規程」を新たに策定し、公務員や取引先との間の贈賄・収賄を明確に禁止するとともに、公務員や取引先との間の金品等の提供や受領についての承認・報告ルールを設けました。同様のルールを国内関係会社および海外関係会社でも導入しています。
「倫理・コンプライアンス行動規範」では、東レグループのすべての役員・社員が守るべき腐敗防止・贈収賄の禁止に関する行動規範を明示しています。また、これに付随する腐敗防止・贈収賄の禁止に関するガイドラインと教育資料についても、東レグループの全社員向けに日本語と英語で作成し、全社的に共有しています。
なお、東レ(株)では2020年3月、すべての役員・社員(嘱託、パート、派遣を含む)を対象に贈収賄防止ガイドラインに関するeラーニングを実施し、6,849名が受講しました。国内関係会社においても、同様の教材を活用し、教育を実施しています。
なお、2020年度において腐敗防止・贈収賄の禁止により東レグループが受けた法的措置はありません。

CSRロードマップ2022におけるCSRガイドライン2「倫理とコンプライアンス」の主な取り組みはこちらをご覧ください。