CSRガイドライン&活動報告 - 社会貢献活動

(公財)東レ科学振興会・海外の科学振興財団

社会

(公財)東レ科学振興会

(財)東洋レーヨン科学振興会(現(公財)東レ科学振興会)は、東レ(株)の創立35周年記念事業として1960年に設立されました。東レ(株)は設立時に基本財産10億円を拠出し、以後、現在に至るまで事業活動費として寄付を継続しています。
同振興会は、企業財団の草分けとして設立当時大きな話題を呼び、基礎科学分野に特化した助成・顕彰などの支援活動は現在も高い評価を受けています。同振興会の科学技術研究助成受領者・科学技術賞受賞者のうち5人※1が、後年にノーベル賞を受賞しています。

  • ※1 江崎玲於奈氏(1961年東レ科学技術賞受賞、1973年ノーベル物理学賞受賞)、野依良治氏(1990年東レ科学技術賞受賞、2001年ノーベル化学賞受賞)、赤﨑勇氏(2000年東レ科学技術賞受賞、2014年ノーベル物理学賞受賞)、山中伸弥氏(2004年東レ科学技術研究助成受領、2012年ノーベル生理学・医学賞受賞)、本庶佑氏(1981年東レ科学技術研究助成受領、2018年ノーベル生理学・医学賞受賞)。

(公財)東レ科学振興会の主な事業※2

  1. (1)東レ科学技術研究助成:科学技術に関する萌芽的な研究を行っている若手研究者に対する研究費援助。
  2. (2)東レ科学技術賞:科学技術の分野で顕著な業績を挙げた方の顕彰。
  3. (3)海外研究助成:インドネシア・マレーシア・タイの東南アジア3カ国で、科学技術に関する基礎的な研究を行っている若手研究者に対する研究費助成。
  4. (4)東レ理科教育賞:中学校・高等学校で創意と工夫により著しい教育効果を挙げた先生方の顕彰(2006年度から、文部科学省の後援を得て「東レ理科教育賞 文部科学大臣賞」を設置。また、受賞作普及のため、「東レ理科教育賞受賞作品集」を作成し、全国の中学校・高等学校などへ毎年約16,000冊を寄贈)。
  • ※2 賞、助成の選考はいずれも専門家による第三者委員会で行っています。

1960-2018年度の累計事業実績

区分 件数 金額(億円)
科学技術研究助成 647 67.55
科学技術賞 123 4.58
理科教育賞 684 2.13
国内 計 1,454 74.26
海外研究助成 ※3 727 4.43
合計 2,181 78.69
  • ※3 1989-1993年の大学への直接助成を含む(61件、0.68億円)

第59回東レ科学振興会贈呈式

(公財)東レ科学振興会は、2019年3月、第59回東レ科学振興会贈呈式を開催。東レ科学技術賞受賞の八島栄次博士、國中均博士と、東レ理科教育賞受賞の先生方に賞状・メダル・副賞賞金を、科学技術研究助成の10人に総額1億3,000万円の助成金を贈呈しました。
八島博士は「らせん分子構造の精密制御と機能に関する研究」、國中博士は「マイクロ波放電式イオンエンジンの研究開発と太陽系探査の推進」について受賞しました。

東レ科学振興会の特色とも言える、「東レ理科教育賞文部科学大臣賞」は、生徒たちが目の当たりにした豪雨災害を出発点として、その原因となった気象現象を高層天気図を使い三次元的に再現し、大気の動きの因果関係に着目させ、より一般的な気象現象の理解に結び付ける授業展開を行った福岡県朝倉市立比良松中学校教諭の高野将吾氏が受賞しました。

  • 東レ科学技術賞受賞者の八島博士(右)東レ科学技術賞受賞者の八島博士(右)
  • 東レ科学技術賞受賞者の國中博士(右)東レ科学技術賞受賞者の國中博士(右)
  • 東レ理科教育賞文部科学大臣賞受賞者の高野氏(右)東レ理科教育賞文部科学大臣賞受賞者の高野氏(右)
  • 第59回東レ科学振興会贈呈式第59回東レ科学振興会贈呈式

海外における科学振興財団

東レ(株)は、1960年代から事業展開している東南アジア3カ国の科学技術の向上発展と理科教育の振興に寄与するため、1993年に「マレーシア東レ科学振興財団」「インドネシア東レ科学振興財団」を、1994年に「タイ東レ科学振興財団」を設立しました。
以降、基金の運用収益、(公財)東レ科学振興会からの助成、各国東レグループからの毎年の寄付により、傑出した科学研究者、基礎科学の若手研究者、理科教育者を対象に、科学技術および理科教育についての優れた業績に対する褒賞と自然科学の研究に、対する研究助成を行い、現地社会から高い評価を得ています。
また、2018年1月には、新たに韓国東レ科学振興財団を設立しました。
これら科学振興財団の活動が、科学技術関係者、さらには青少年およびその教育関係者の関心を喚起し、各国の中長期的な科学技術の発展に寄与するとともに、各国と日本との相互理解、友好親善、そして経済発展に寄与することを願い、取り組みを続けています。

マレーシア東レ科学振興財団
Malaysia Toray Science Foundation <MTSF>

MTSFは、1993年8月の設立以降、2018年度までに累計で1,023万リンギットを拠出し744人の研究者、理科教育者を助成、表彰してきました。毎年開催する贈呈式には、マレーシア政府や在マレーシア日本大使館からご出席を賜り、受賞者ならびに助成を受ける研究者にとって名誉ある場となっています。
2018年11月にクアラルンプールで「第25回マレーシア東レ科学振興財団贈呈式」を開催し、総額35万リンギット(約950万円)の賞金・助成金をマレーシアの科学者2人、若手研究者12人、理科教育者15人の合計29人に贈呈しました。エネルギー・技術・科学・気候変動・環境省事務次官補から東レグループに向けて、1993年のMTSF発足以来、マレーシアの科学者たちに創造力や興味を与え、積極的な研究文化の向上に貢献してきたことに対し感謝の言葉が述べられました。

  • 「第25回マレーシア東レ科学振興財団贈呈式」科学技術賞受賞者の皆さん「第25回マレーシア東レ科学振興財団贈呈式」科学技術賞受賞者の皆さん

タイ東レ科学振興財団
Thailand Toray Science Foundation <TTSF>

TTSFは、1994年6月の設立以降、累計で1億2,938万バーツを拠出し716人の研究者、理科教育者を助成、表彰してきました。毎年開催する贈呈式には、1995年の第1回から2009年の第15回まではプレム枢密院議員に、2010年の第16回贈呈式からはスラユット枢密院議員に式典委員長としてご出席を賜り、歴代の受賞者らにとって名誉ある場となっています。
2019年3月にバンコクで「第25回タイ東レ科学振興財団贈呈式」を開催し、総額533万5千バーツ(約1,830万円)の賞金・助成金を、2件の科学技術賞、20件の科学技術研究助成、9件の理科教育賞の受賞者に贈呈しました。贈呈式の後、スラユット枢密院議員から、受賞者の皆さんにタイの技術的成長のために研究を発展させてほしいと激励の言葉が述べられました。

  • 「第25回タイ東レ科学振興財団贈呈式」科学技術賞受賞者の皆さん「第25回タイ東レ科学振興財団贈呈式」科学技術賞受賞者の皆さん

インドネシア東レ科学振興財団
Indonesia Toray Science Foundation <ITSF>

ITSFは、設立時からインドネシア科学院の協力を得ており、同院長が歴代のITSF会長に就任されています。1993年12月の設立以降、累計で214億ルピアを拠出し、715人の研究者、理科教育者を助成、表彰してきました。研究助成受領者の多くが、インドネシア大学、バンドン工科大学、ガジャマダ大学、スラバヤ工科大学など有力大学の教授、准教授やインドネシア科学院の研究者として、同国の科学技術の発展に携わっています。
2018年度は2019年3月にジャカルタで「第25回インドネシア東レ科学振興財団贈呈式」を開催し、総額11億270万ルピア(約860万円)の助成金・賞金をインドネシアの若手研究者18人、理科教育者10人に贈呈しました。
この贈呈式前日には、2016年度の研究助成受領者による報告会と、科学教育セミナーを開催。1人の教育専門家による講演と、2018年度の理科教育賞受賞者10人による発表が行われました。

  • 「第25回インドネシア東レ科学振興財団贈呈式」科学技術研究助成受領者の皆さん「第25回インドネシア東レ科学振興財団贈呈式」科学技術研究助成受領者の皆さん

韓国東レ科学振興財団
Korea Toray Science Foundation(KTSF)

KTSFは、韓国における科学技術の振興に貢献するため、2018年1月に設立されました。
2018年10月にソウルで「第1回韓国東レ科学振興財団贈呈式」を開催し、総額4億ウォン(約4千万円)の賞金・助成金を、2件の科学技術賞、4件の科学技術研究助成を受賞者に贈呈しました。東レ(株)を代表して社長の日覺が挨拶し、受賞者の皆さんに祝辞を述べました。
また、1990年に東レ科学振興会の東レ科学技術賞、2001年にノーベル化学賞を受賞し、東レ(株)の社外取締役でもある野依良二博士が特別講演を行いました。

  • 「第1回韓国東レ科学振興財団贈呈式」科学技術研究助成受領者の皆さん「第1回韓国東レ科学振興財団贈呈式」科学技術研究助成受領者の皆さん