CSR活動報告(各CSRガイドラインの活動報告) - 事業を通じた社会的課題解決への貢献

循環型社会実現に向けた取り組み

東レグループは、多様な素材を提供するメーカーとして、資源の有効活用につながるリサイクルを以前から推進してきました。
「東レグループ サステナビリティ・ビジョン」では、「資源が持続可能な形で管理される世界」を、2050年に目指す世界のひとつとしています。従来の社会では、資源の枯渇問題、大量のゴミによる海洋汚染、CO2排出などさまざまな課題がありました。これらの課題を解決し、資源を有効活用する持続可能な循環型社会を実現するために、プラスチック製品のリサイクルや原料のバイオ化、使用するエネルギーの再エネ化や水素化、水の再利用などにさまざまな技術で貢献しています。
循環型社会実現に向けた取り組みを、中期経営課題“プロジェクトAP-G 2022”の重要課題とし、例えば、繊維、樹脂、フィルムなどのプラスチック製品を再利用する「マテリアルリサイクル※1」や「工程内リサイクル」に取り組んでいます。また、再利用できないプラスチックをモノマーやガスなど基礎原料に戻す「ケミカルリサイクル※2」もすでにナイロン繊維製品で実現しています。
また、石油からではなく植物から製造された原料を利用する「植物由来原料利用の素材」やこの原料を効率的につくれる「膜利用バイオ技術」の開発も進めています。さらに、製造工程で使用される電力や水素を再生可能エネルギーでつくる風力発電翼や水素製造装置用の材料、排水の再利用のための水処理膜などにも東レの技術が使われています。

東レグループのリサイクル
  1. ※1 マテリアルリサイクル:使用済みPETボトルや製造工程から出る端材等を加熱してチップ化し、糸、綿等に再生するリサイクル。
  2. ※2 ケミカルリサイクル:使用済み製品や製造工程から出る端材等を解重合してモノマー原料に戻し、再びチップを製造し、糸、綿等に再生するリサイクル。

関連情報

東レグループの廃棄物削減、化学物質管理、省エネおよび温室効果ガス排出削減は、以下のページをご覧ください。

リサイクル活動指針2004年3月制定

  1. 東レは環境負荷の低減に配慮した製品の設計・製造販売をします。
  2. 東レは環境負荷の少ない原料・製品の購入・使用をします。
  3. 東レはリサイクル事業活動やリサイクル製品の情報開示をします。
  4. 東レは自ら販売した製品のリサイクルや適正処理をお客様とともに取り組んでまいります。

バイオ素材事業

東レグループは、石油からではなく植物からつくった原料を利用する「植物由来原料利用の素材」の開発を進めています。例えば、バイオマス由来繊維として、植物由来エチレングリコールを原料とした部分バイオPET繊維を量産しており、スエード調人工皮革Ultrasuede®PXなどにも同原料を使用しています。さらに、100%バイオPETの試作、膜利用バイオプロセスの開発も進めています。

100%バイオPET繊維、「膜利用バイオプロセス」

東レグループは、植物由来エチレングリコールとパイロットプラントで生産された植物由来パラキシレンを原料にした100%バイオPETを環境配慮型製品のチャンピオン素材と位置づけ、スポーツ衣料や自動車内装向けを中心に、2020年代のできるだけ早い時期での量産を目指しています。
また、植物由来原料を効率的につくることができる「膜利用バイオプロセス」の開発も進めています。膜利用バイオプロセスは、分離膜技術とバイオ技術を融合させ、糖化、発酵、精製のプロセスに水処理用分離膜を使用する技術で、非可食バイオマスからの原料糖製造、発酵効率の飛躍的向上を可能とし、非石化原料素材の実現に貢献します。現在、非可食バイオマスから糖を製造する糖化プロセスの技術実証プロジェクトを推進しており、このプロセスの実用化で、非可食バイオマスから素材・化学品を製造するサプライチェーンの構築を進めます。

100%バイオPET繊維、「膜利用バイオプロセス」

リサイクルの推進

東レグループは、繊維・樹脂・フィルムなどの幅広い事業分野で、再生型リサイクル素材および製品の統合ブランド「エコユース®」を展開しており、使用済みPETボトルや製造工程で発生する端材などを回収・再利用する繊維や、お客様工程での使用済みフィルムを回収・再利用するフィルムなどを取り扱っています。
また、繊維では、使用済み製品を回収・リサイクルする回収循環型リサイクルシステム「サイクリード®」を展開するとともに、回収PETボトルを原料に、異物を除去するフィルタリング技術と洗浄技術で、高い白度と多様な品種展開を可能とし、東レ独自のトレーサビリティ機能も付与した再生型リサイクル素材ブランド「&+(アンドプラス)」を2019年に立ち上げました。
また、回収循環型では、使用後の繊維や樹脂などを回収・リサイクルするなど独自のマテリアルリサイクルシステムを開発し、取り組みを推進しています。

繊維のリサイクル

再生型リサイクル素材「エコユース®

「エコユース®」は、工場から発生するフィルム屑や糸屑などを、企業のユニフォームなどにリサイクルしています。

回収循環型リサイクル「サイクリード®

使用済みのナイロン製品などを回収して繊維原料に再生
使用済みのナイロン製品などを回収して繊維原料に再生

PETボトルリサイクル繊維「&+

従来のPETボトルリサイクルでは、原料への混入異物により特殊な断面・細繊度の繊維の生産が困難で糸種が限られ、また、PETボトルの劣化による黄ばみが原因で糸の白さが損なわれるといった課題がありました。これに対して東レは、PETボトルリサイクル原料に含まれる異物を除去するフィルタリング技術と高度なPETボトル洗浄技術を有する協栄産業(株)と連携して高品位な原料を確保し、東レの繊維生産技術と組み合わせることで石油由来のバージン原料を使用した場合と同等の白度と品種多様化を可能にしました。加えて、東レ製のPETボトルリサイクル繊維であることを検知できる、東レ独自のトレーサビリティ技術を付与することにより、高い信頼性を有するポリエステル繊維「&+」として製品化しています。2020年1月から本格的に「&+」製品の販売を開始しており、今後、糸・綿に加えてテキスタイルや縫製品までの多様なサプライチェーンと、グローバルな生産拠点を活用し、展開規模の拡大を目指します。

「&+」工程図
「&+」工程図
  1. ※3 洗浄・フィルタリング技術により、一般的な再生ペレットに比べて白度に優れる「&+」の原料ペレット。
  2. ※4 繊維となった「&+」は高い白度と多様な品種展開が可能なため、機能性、風合い、カラーバリエーションなどの様々な多様性に応え、ファッションやスポーツなど、幅広い分野で利用されています。
    きちんと分別されたクリーンなPETボトルから様々なリサイクル工程を通って「&+」は高品質なPET繊維に生まれ変わります。

ユニクロとのリサイクルの推進

東レは、ユニクロと共同で、サステナブル製品に関する新たな取り組みを推進しています。2020年より、高機能速乾ウエア「ドライEX」ポロシャツ向けに、PETボトルリサイクル繊維「&+」を供給しています。
さらに、ユニクロが店頭で回収したダウン製品の羽毛リサイクルにも注力しています。従来、布団などの羽毛が含まれる製品のリサイクルは、解体を手作業で行うことが一般的でした。特に、ウルトラライトダウンの場合、表地が薄く縫製も複雑なため、従来の手作業ではダウンを効率良く取り出すことが困難でした。しかし、東レが専用のダウン分離システムを開発したことで、ダウン製品の切断、攪拌分離、羽毛回収までを完全自動化させ、従来の手作業に比べて約50倍の処理能力を実現しています。この取り出した羽毛を新たなダウン製品の素材として活用する循環型の製品開発にユニクロと共に取り組んでいます。

樹脂のリサイクル

プレコンシューマーリサイクル材、ポストコンシューマーリサイクル材の活用

東レは、フィルム屑、繊維屑など生産工程内で発生する端材(プレコンシューマーリサイクル材)やペットボトル屑、PC樹脂製品屑など使用済み回収品(ポストコンシューマーリサイクル材)を原料として、独自の処方設計を行ったリサイクル樹脂を展開しています。
今後もリサイクル原資の多様な調達を進めます。

プレコンシューマーリサイクル材の活用

ポストコンシューマーリサイクル材の活用/
お客様とのクローズドリサイクル:エアコン部品の水平リサイクル

ポストコンシューマー材の活用では、お客様と連携し、家電リサイクル法に基づき回収された使用済みエアコン室内機のファンを、新品のファンに再利用していただくマテリアルリサイクルシステムを構築しています。
エアコン室内機のファンには、「ガラス繊維強化AS樹脂」が使用されていますが、独自の回収・異物除去システムと材料ブレンド処方により、異物の混入、再生時のガラスの折損などの問題を解決、バージンとほぼ同等の物性を達成しています。
他分野でもお客様と連携したリサイクルの取り組みを検討していきます。

ポストコンシューマーリサイクル材の活用

フィルムのリサイクル

PETフィルム「ルミラー®」の製造工程で回収したPETを原料として、環境配慮型フィルムの創出や、繊維・樹脂のエコ製品への活用に取り組んでいます。 また、お客様の工程で使用済みのPETフィルムを回収しフィルム用原料として循環再利用するリサイクルシステムを構築いたしました。

製造工程で発生する端材や回収原料の再使用
製造工程で発生する端材や回収原料の再使用

お客様の工程での使用済みのPETフィルム再利用

電子部品用途における使用済みポリエステル(PET)フィルムを回収し再利用するリサイクルシステムを構築し、サステナブルな社会の実現に貢献する環境配慮型PETフィルム「Ecouse®」(エコユース®)シリーズを上市しています。電子部品用途における使用済みフィルム表面の塗材、樹脂を除去するリサイクル処理技術と、各製造工程における異物除去を組み合わせることで機械特性、信頼性を損ねることなくメカニカルリサイクルを行いフィルムに再利用しています。今後も、本システムを通じて循環型社会の実現に貢献していきます。

お客様の工程での使用済みのPETフィルム再利用

炭素繊維のリサイクル

炭素繊維は使用した製品のライフサイクル全体を通して考えると、軽量化効果によりCO2排出量を大幅に抑制できることから、地球環境問題の解決に貢献する素材として、航空機や自動車など幅広い用途で需要が拡大しています。一方で、需要拡大を背景として、市場からの炭素繊維リサイクルへの要請が高まっています。
リサイクル炭素繊維の技術開発・用途開発は、多くのお客様と一体となって、具体的な部材・部品を検討していくことが重要です。 東レ(株)はこれまで、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)のプログラムにおいて、豊田通商(株)と共同で「革新省エネルギー熱分解法による高効率リサイクル炭素繊維製造技術の開発」に取り組み、2017年6月に完了しました。この新技術は、熱分解法※5による炭素繊維リサイクルにおいて最も消費エネルギーの大きい熱分解工程で、燃料にマトリックス樹脂の可燃性分解ガスを用いることにより、消費燃料の大幅な低減を達成しました。これは、バージン炭素繊維を製造する際の消費エネルギー対比で1/10以下となります。 将来の事業化を見据えて、省エネルギーなリサイクル炭素繊維製造技術を実証するためのパイロット設備を建設し、2017年7月に稼働開始しております。実証実験と併せて、リサイクル炭素繊維の用途開発も推進していきます。
これらを通じて、資源循環社会に資する炭素繊維の循環フロー(下図)構築を目指します。

リサイクル炭素繊維を使ったサーキュラーエコノミー(CE)の構築
リサイクル炭素繊維を使ったサーキュラーエコノミーの構築
  1. ※5 熱分解法:炭素繊維複合材料を加熱することでマトリックス樹脂を熱分解させ、炭素繊維を回収するリサイクル方法

CSRロードマップ2022におけるCSRガイドライン7「事業を通じた社会的課題解決への貢献」の主な取り組みはこちらをご覧ください。