Interview06

管理職として、母親として。
経験を重ねて見えてくる自分らしい働き方

営業電子情報材料事業

東レに入社した理由を教えてください。

大学院では化学を専攻し、主に高分子重合について研究していました。しかし、社会人になるなら研究室にこもって実験ばかりするのではなく外の世界も見てみたいと、営業職を志望しました。当初は総合商社に憧れましたが、事業の幅が広すぎ、どのような営業をするのかイメージが掴みづらかったので「得意な分野で営業というのもありかも」と化学会社に目が向くようになったのです。その中でも東レは「がっつき過ぎず落ち着いた」社風が肌に合い、すぐにこの会社で働きたいと思いましたね。

これまでのキャリアを紹介してください。

入社後1年半は医療関係の工場で実習を経験し、光ファイバ販売課に配属が決まりました。途中、電子材料販売第1部の中で、一度、異動があったものの、その後も光ファイバのチームに戻り、現在は課長として営業だけでなく事業運営にも携わっています。この間に結婚と2回の出産を経験し、産休・育休制度も2回取得しています。

管理職としての仕事を具体的に教えてください。

収益・費用・在庫など販売に関連する指標の管理のほか、東レ本社及び海外商社の営業担当者の統括や教育、将来的な仕掛けのためのマーケティング、工場との各種調整が主な業務です。その他、部長や経営トップに向けた報告業務もマネジメント職の重要な役割となります。

チームの雰囲気はどんな感じですか?

光ファイバの事業のやりがいは、お客様の開拓から、商談をまとめ契約を終了するまでの全てを担当できるところです。このように、光ファイバ販売課は個人商店の集合体という感じで、それぞれが責任を持ってビジネスを遂行していますので、お互いの信頼も厚く、メンバー同士がいい雰囲気で支え合っています。チームメンバーで国内だけでなく世界中の市場を担当しているので、メンバー全員が主役と言えますね。

産休・育休制度はいつ取得したのですか?

入社5年目に結婚し、翌年に第一子を出産、その5年後に第二子を出産しました。産休・育休制度の取得は東レでは当たり前の光景で、他にも取得者は大勢いるので特別な事情でもない限り、その後は職場復帰しますし、上司や同僚を含めた周りの人の理解も非常に高いものがありますね。

子供ができたことで以前と働き方は変わりましたか?

下の子がまだ小さいので、さすがに海外出張は控えていますが、2泊3日程度の国内出張であれば夫や両親に育児を手伝ってもらうことで可能ですし、仕事の内容は変わっていません。管理職になったことで、かえって忙しくなった部分もあるのですが、これは年齢を重ねたせいもあるのでしょうが、仕事でも家事でも「無理して百点満点を目指さなくてもいい」と考えるようになりました。自分に負荷をかけすぎず、適度に力を抜きつつ、目の前の課題に向き合っていく。子供が小さければ、「いきなり熱を出して保育所から連絡がくる」といった事態は日常茶飯事です。そんなときでも慌てず動けるように、いつでも中断できる覚悟で仕事をするといった要領の良さは身につけられるようになりました。

光ファイバ事業の今後の可能性についても教えてください。

通信、産業機器、照明などさまざまな用途に使われる光ファイバですが、東レのプラスチック光ファイバは「軽くて曲げやすい」というガラス製にはない特長を持つうえ、電線のように電波ノイズの影響も受けないことから、最近では自動車内部の配線に採用されるなど、新たな分野に進出していっています。したがって、積極的に拡販を続け、事業を大きくしていくことが営業の重要な役割。できるだけ多くのお客様に興味を持っていただき、開発段階から入り込み、自社の技術開発・生産部署と連携しながら、商談をまとめていきたいと考えています。

3年後の自分はどうなっていたいですか?

引き続き管理職として成長し続けていくために、光ファイバ事業をもっと大きくするための戦略を練っていきたいですね。もちろん、まいた種がすぐ芽吹くとは限りませんし、芽吹いたからといってすぐに大きく成長するとも限りません。ですから、水やりを忘れないようにしたいと考えています。また、今の自分に足りないところ、具体的には収益管理のための会計知識などをもっと勉強していくつもりです。幸い、東レは多岐にわたる事業をグローバルに展開しており、どの分野でも顧客開拓からビジネスを成長させていく喜びが味わえます。個人の努力が実を結べる会社だけに、これからも頑張っていきたいですね。

SCHEDULE

月曜日

課内会議。欧州、米州、中国といった海外市場の他、国内も分割して担当しているので情報共有が欠かせない。

火曜日

部内会議。光ファイバだけでなく電子材料事業全体の動向を知り、共通の課題などについて話し合う。

水曜日

担当顧客を訪問するため長野県に出張。国内では大阪や九州に行くこともあるが、今は子供の顔を見たいので基本的に日帰り。

木曜日

海外出張に行く課員とのあいだで拡販戦略に関する綿密な打ち合わせ。

金曜日

部長への報告業務に向けた資料づくり。管理職になると報告書の作成が多くなる。

PRIVATE

とにかく休日は子供ととことん遊ぶようにしている。写真は「としまえん」に行ったときのもの。寒いのにみんな元気!夏は家の近所の公園で虫取りに付き合うことも多い。