総合力を活かした研究・開発

東レは先端材料で社会に貢献する企業であり、コア技術をベースにした技術の極限追求と、革新技術の新展開を軸に、東レグループの総合力活用とオープンイノベーションで、地球の未来を拓いていきます。 
特に近年注力している「グリーンイノベーション」「ライフイノベーション」においては、組織横断的な活動や緊密な連携、技術交流など、融合が生まれやすい体制が不可欠です。ニーズや技術の価値を正確に捉え、グループの総合力を十分に発揮していくことが、イノベーションに重要なファクターであるといえます。

東レグループの総合力活用とオープンイノベーション

総合力活用のしくみ

全ての研究・技術開発機能が集約されている技術センターが司令塔となり、コア技術に化工プロセス、エンジニアリング、分析・解析機能を加えた基盤技術と、各事業分野の固有技術を融合し、東レグループの総合力の極大化を図っています。これにより、研究・技術開発、重要技術課題解決の加速に繋げます。

総合力活用の仕しくみ

要素技術力の強化〜要素技術連絡会〜

東レの技術基盤となっている要素技術の一層の深化と展開を狙い、重合、製糸、繊維高次加工、製膜、有機合成などの要素技術連絡会が活動しています。未来の東レを創る新しい要素技術として、ナノテクノロジー、バイオテクノロジー、データ科学なども設定しています。全16の要素技術連絡会が活躍中であり、東レの中の“学会” 的役割を担っています。

活動内容

  • 当社技術力分析および他社との技術力比較
  • 社内技術交流の推進(シンポジウム、勉強会等)
  • 専門自主講座の企画・実行
  • 大学との交流・推進
  • 人材育成・技術力継承
  • 技術施策への提言

推進体制

16の要素技術連絡会(分科会)が、組織・事業場を横断的に活動しています。

基幹技術

  • 重合
  • 製糸
  • 製膜
  • 繊維高次加工
  • 機能膜
  • 構造用材料

共通技術

  • プロセス技術
  • 有機合成
  • 計算科学
  • データ科学

新要素技術

  • ナノテクノロジー
  • 革新機能材料
  • ポリオレフィン
  • バイオテクノロジー
  • フィルム加工
  • 接着

オープンイノベーションの積極的な推進

基礎科学から生まれる独創的な知見・発想を取り入れ、多様なパートナーとの協創を図るべく、グローバルな産官学連携を積極的に推進しています。

オープンイノベーションの積極的な推進

国家プロジェクト参画状況の推移

グラフ:国家プロジェクト参画状況の推移