CSRガイドライン&活動報告 - 社会貢献活動

環境、地域重点分野

社会

「グリーンイノベーション事業」に取り組む東レグループは、その専門技術や人材を生かした環境教育支援に積極的に取り組んでいます。また、生物多様性を育む社会づくりに寄与するため、地域と連携した環境保全活動などを継続的に行っています。

「水」をテーマとした小・中学生への環境教育実施

講師を務める東レ(株)社員講師を務める東レ(株)社員

東レグループは、小・中学生向けのオリジナル環境教育プログラムを開発し、技術・研究・営業・管理系などさまざまな職種の社員が講師となって出張授業を行っています。2018年度は拠点近隣の29校で実施しました。
2019年3月には東京都豊島区立長崎小学校5年生を対象に授業を行いました。生徒から「理科で日頃習っていることが生活に役立つ科学技術となり、世界の人々の役に立つというのは本当にすごい」などの感想をいただきました。

地域の環境保全活動

労使共催で実施している富士山の森づくり労使共催で実施している富士山の森づくり

東レグループ各拠点では工場緑化保全の活動に加え、市区町村やNPOと連携した河川・海岸の清掃や森づくりなどに社員が参加しています。活動と併せてNPOによる講話を聞くことで、社員の環境問題や生物多様性への理解促進にもつなげています。

  • 東レ(株)新入社員導入研修で実施している田子の浦海岸清掃東レ(株)新入社員導入研修で実施している田子の浦海岸清掃
  • NPO法人荒川クリーンエイド・フォーラムと連携し、地球環境や生態系への影響を学びながら荒川河川敷を清掃する荒川クリーンエイド活動(東レ(株)東京本社)NPO法人荒川クリーンエイド・フォーラムと連携し、地球環境や生態系への影響を学びながら荒川河川敷を清掃する荒川クリーンエイド活動(東レ(株)東京本社)
  • Tacoma本社・工場の地元中学生を対象に環境教育プログラムを実施(米・Toray Composite Materials America社)Tacoma本社・工場の地元中学生を対象に環境教育プログラムを実施(米・Toray Composite Materials America社)
  • マングローブ林保全のための植林活動(タイ・Carbon Magic (Thailand)社)マングローブ林保全のための植林活動(タイ・Carbon Magic (Thailand)社)
  • タイ・Sattahip郡にあるYaoビーチでのサンゴ礁保護活動(タイ・Toray Plastics Precision (Thailand)社)タイ・Sattahip郡にあるYaoビーチでのサンゴ礁保護活動(タイ・Toray Plastics Precision (Thailand)社)
  • ソウル市内の川岸で環境保護活動(韓国・Toray Advanced Materials Korea社)ソウル市内の川岸で環境保護活動(韓国・Toray Advanced Materials Korea社)

教育界とビジネス界のコミュニケーションの促進

東レ(株)三島工場での危険予知トレーニング東レ(株)三島工場での危険予知トレーニング

東レ(株)は(一社)経済広報センターの「教員の民間企業研修」に協力し、1994年から24年間、静岡県で10人程度の教員を受け入れています。研修では、当社の経営理念や人材育成に関する講義に加え、三島工場での研究・生産および安全・環境保全に関する講義と現場見学を実施しています。本研修参加者の感想は、「民間企業の企業努力を実感でき、今後の生徒指導にも大いに役立つ」と好評であり、研修内容を教育現場で水平展開されています。

東日本大震災被災地での継続的な支援

東レグループは自社のリソースを生かした取り組みを通じて、被災地支援を続けています。

中学生の職業研究支援(東レ(株))

東レ(株)医薬研究所の研究者による講義(2018年7月)東レ(株)医薬研究所の研究者による講義(2018年7月)

東レ(株)は、2012年から毎年、岩手県大船渡市で開催されるキャリア教育イベント「キャリアチャレンジデイ※1」に研究者を派遣しています。メーカーの研究開発の仕事について市内の中学生に説明・対話しています。

  1. ※1 キャリアチャレンジデイ:東日本大震災の影響で実施できなくなった職場体験学習の代替プログラム。2012年度に「文部科学大臣表彰」を受賞

バレーボール教室(東レ(株)東北支店、東レアローズ)

富谷市立富谷小学校で授業を行う大山加奈氏富谷市立富谷小学校で授業を行う大山加奈氏

東レ(株)東北支店は、2013年からバレーボールを通じた復興支援に取り組んでいます。2018年6月には宮城県の富谷市立富谷小学校と東松島市赤井南小学校で、元全日本代表の大山加奈さんほか東レアローズOGが、体を動かすことやチームワークの楽しさを児童に伝えました。

平成30年7月豪雨による災害に対する支援

東レ(株)は、西日本を中心に全国に大きな被害をもたらした「平成30年7月豪雨」被害に対し、工場や支店の所在地でもあり、特に被害が大きかった愛媛県、広島県に義援金を拠出しました。東レグループの先端材料による復興支援として、がれき撤去などの復旧作業時に利用できる遮熱・遮光・UVカット織物“サマーシールド®”を使用したテントと、防塵性と通気性を両立させた化学防護服“LIVMOA®(リブモア®)”、高強度で耐切創性・耐熱性などに優れる“ケブラー®”製手袋を提供しました。

  • 優れた防塵性と通気性を両立する化学防護服LIVMOA®優れた防塵性と通気性を両立する化学防護服LIVMOA®
  • ケブラー® 製手袋ケブラー® 製手袋
    ※「ケブラー®」は米国デュポン社および関連会社の登録商標です。

地域社会への様々な活動

東レグループでは、地域社会の発展に関心と責任を持つ企業市民として、よりよい地域づくりに貢献しています。

  • Sri City工業団地の日系企業から近隣の小・中学校へ勉強机を寄付(インド・Toray Industries (India)社)Sri City工業団地の日系企業から近隣の小・中学校へ勉強机を寄付(インド・Toray Industries (India)社)
  • インドネシア・スラウェシ島地震被災者に救援物資・救援金を贈呈(マレーシア・Penfabric社)インドネシア・スラウェシ島地震被災者に救援物資・救援金を贈呈(マレーシア・Penfabric社)