CSRロードマップ・2017年度のKPI達成状況

東レグループでは、CSRガイドラインに沿って、CSRの中期計画をCSRロードマップとして策定しています。CSRロードマップでは、ガイドラインの項目ごとに推進責任者を決め、具体的な活動目標を定めるとともに、KPI(重要達成指標)を設定して毎年度進捗を定量的に管理しています。

第6次CSRロードマップの策定

第6次CSRロードマップは、中期経営課題AP-G 2019に合わせて、2017~2019年度を対象期間としています。第6次CSRロードマップでは、新たなCSR戦略を定めるとともに、ステークホルダーおよび東レグループにとっての重要性分析をもとに設定したCSR重点課題(マテリアリティ)をロードマップに記載し、具体的な活動との対応を明示しました。マテリアリティに関連する活動は今後特に重点的に取り組んでいくこととしています。
また、KPIについては原則東レグループ単位で設定し、グループ全体でCSR活動に取り組む方向性を明らかにしました。
第6次CSRロードマップの取り組み状況については、毎年のCSRレポートで引き続き報告していきます。

  • 一覧:第6次CSRロードマップ
    (2017-2019年度)(PDF:214KB)