企業倫理と法令遵守動物実験倫理に関する情報公開

東レ株式会社は、医薬品・医療機器の創出を通じて人類の発展および健康増進に貢献することを目指しています。当社は、医薬品・医療機器の研究開発において、その有効性、安全性および機能を証明するために、実験動物を用いた検討が必要不可欠と考えています。こうした検討は、動物の生命の尊厳や動物実験の3R(Refinement:苦痛の低減、Reduction:使用数の削減、Replacement:代替法の探求)の原則に配慮して実施する必要があります。
そのため、「動物の愛護及び管理に関する法律」、「実験動物の飼養及び保管並びに苦痛の軽減に関する基準」および「動物実験の適正な実施に向けたガイドライン」その他の関連指針等に則って社内規定を制定し、適正な実験動物の飼養と科学的な利用に努めています。
また、動物倫理委員会を設置し、当社で実施する全ての動物実験計画を倫理的かつ科学的に審査することで、「3Rの原則」に基づく適正な動物実験の実施に努めています。委員会は、動物実験実施者に対する実験動物の取り扱い訓練や倫理教育を通じて、動物実験に対する意識の向上に取り組んでいます。
さらに、動物実験の実施状況について自己点検・評価を行うことにより、適切な実施を確認しています。
これらの取り組みについて当社は、公益財団法人ヒューマンサイエンス振興財団による第三者認証を取得しています。