東レのライフイノベーション

ライフイノベーションで
よりよい社会に

医療費の増大や高齢化の進展への対応が世界的な課題としてますます重要になっています。すでに高齢化が進んでいる先進国では医療制度や政策の見直し、医療現場の負担軽減のための対策が求められており、新興国・開発途上国においては所得向上に伴う医療の充実が進んでいます。さまざまな課題を抱えつつも、世界の医療機器市場は継続して成長しています。

世界各国・地域の医療費の推移

世界の医療機器市場の推移

東レ型ライフイノベーション

東レは、医薬・医療事業で長年培った経験を持ち、かつ強みのある先端材料を保有しています。これらを活かした“東レ型ライフイノベーション”の実現のため、グループの保有する先端材料、コア技術・要素技術、事業基盤を最大限活用し、研究・技術開発を推進します。

ライフイノベーション推進のしくみ

2014年4月に新設した「ライフイノベーション事業戦略推進室(LI戦略室)」が中心となり、技術センターと各事業本部が緊密に連携して、新技術・新製品開発を推進します。

ライフイノベーション拠点の活用

神戸医療産業都市
2013年10月に執り行われた米国ミネソタ大学 Medical Devices Centerとの調印式

米国ミネソタ州、神戸医療産業都市に拠点を設置し、医療機器開発の加速のため活用しています。

東レのテクノロジー