リサーチフェロー/工務技監

菅谷 博之博士(工学)

所属:先端材料研究所
専門分野:分離材料設計

研究に対する想い

研究では、今までに無かった物および価値を生み出すことに挑戦します。いわゆる「創造力」が必要です。一見難しそうですが、普段から何事にも興味を持って、考え・悩んでいれば、何かを「発想」できます。さらに、東レは、素材に関する過去からの莫大な情報と最新ノウハウ、それを知る専門家がいます。蓄積された技術・人脈をフル活用して、「発想」を深掘りすれば、顕在・潜在ニーズを満たす大きな創造と、それを実現する仕事が出来ると思います。

主な論文

1992年 Antithrombogenicity of polyacrylonitrile-polyethyleneoxide hollow fiber membrane developed for designing an antithrombogenic continuous ultrafiltration system. Artif. Organs, 16(2), 146-50(1992)
M. Arakawa, I. Aoike, Y. Sizuki, F. Gejyo, R. Terada, H. Sugaya, T. Takeyama, and T. Kunitomo,
1999年 Polymethylmethacrylate: from polymer to dialyzer, Contrib. Nephrol. , 125, 1-8 (1999)
H. Sugaya, Y. Sakai,
2004年 Nanoscopic behavior of polyvinylpyrrolidone particles on polysulfone/polyvinylpyrrolidone film. Biomaterials, 25(6), 1019-1028 (2004)
M. Hayama, K. Yamamoto, F. Kohori, T. Uesaka, Y. Ueno, H. Sugaya, S. Itagaki, K. Sakai,
2006年 A novel approach and protocol for discovering extremely low-abundance proteins in serum, Proteomics, 6, 4845–4855(2006)
Y. Tanaka, H. Akiyama, T. Kuroda, G. Jung, K. Tanahashi, H. Sugaya, J. Utsumi, H. Kawasaki, and H. Hirano,
2007年 ミクロ相分離による多孔性材料作製, 高分子, 56(2), 66-69 (2007)
菅谷 博之,
2009年 バイオインターフェースの医療応用.表面科学,. Vol. 30, No. 4 236-247(2009)
菅谷 博之, 遠武 佑治, 馬越 大, 久保井 亮一, 近藤 科江, 宮田 完二郎, 片岡 一則,
2011年 ナノ細孔構造制御と表面機能化による医療用分離膜の創製.未来材料vol.11(11) 45-51(2011)
菅谷博之、藤田雅規、上野良之,

社外受賞歴

2011年 日本人工臓器学会 技術賞「革新的血小板付着抑制ダイアライザ(商品名:"トレライト"NV)」(2011年)
2014年 近畿地方発明表彰 発明奨励賞「抗血栓性タンパク質吸着型中空糸膜」(2014年)