革新的な素材をいかに
工業化させるか

花輪 達也
エンジニアリング / エンジニアリング開発センター / 2007年入社

「世の中にあるものならそこから買えばいい。自分たちは世の中に無いものを作る」。大学時代の専攻から自然と炭素繊維を作るメーカーを中心に就職活動を進めていましたが、東レの工場見学で社員の方から言われたその言葉に強く惹かれ、入社を決めました。
現在は主に炭素繊維 トレカ®の生産設備・プロセスの新規技術の開発や既存設備の改善に携わっています。設備の生産性や品質・省エネ性能の向上を目指して、CAE解析技術を活用した基礎検討から装置設計、実験による試作評価・特許や技術レポートの執筆、開発した技術の実生産機への適用検討まで、業務は多岐にわたります。

メーカーとしては、研究でいかに革新的な素材ができたとしても、どうやって工業化させるかが重要であり、特に当社のような素材メーカーの場合は、唯一無二の製造プロセスを自ら創出していることが、他社には真似できない素材づくりを実現する競争力の源泉になっています。その中で果たすことが出来る機械系エンジニアの役割や求められる期待も極めて大きくなりますが、その分、キーとなる基本技術の提案・検討から実生産機への適用まで一貫して携わることができます。それは機械系エンジニアとしての醍醐味であり、やりがいでもあります。第一線で活躍できる技術や専門性を持ちつつも、それだけではない、バランスの取れたエンジニアを目指し、スピード感を持って幅広い技術知識の取得を心がけています。