エアフィルターで
アジアの環境問題
解決に挑戦

岸 隼人
営業 / 水処理・環境事業本部 エアフィルター室 / 2007年入社

家電やビル空調用途を中心としたエアフィルター製品の販売および、生産計画立案や加工場管理など幅広い業務を担当しています。
家電用途では、主に空気清浄機向け高集塵フィルターの提案を行い、国内外のお客様にご採用いただいています。ビル空調分野では、複数の都心再開発プロジェクトに携わる経験を得ました。
メーカーの仕事は自分1人ではできず、生産、技術開発、社外加工先、サプライヤー等、多くの仲間たちの力を結集させることが大切です。目標達成のために仲間たちのベクトルを合わせてまとめ上げるのが営業の役割であり、仕事のやりがいです。目標を達成後に、仲間と酌み交わすお酒は格別です。

「PM2.5」に代表される環境問題は、東アジアの人々の空気質への意識を高め、空気ビジネスの拡大が取り沙汰されています。中国では、この数年で空気清浄機の市場規模が飛躍的に拡大し、2014年には日本市場を超え、世界最大規模の市場へと躍進しました。東南アジアでも、近年、「Haze」(野焼きや排ガスによる微粒子浮遊問題)が深刻化しつつあり、きれいな空気へのニーズはますます高まるものと予想されます。アジアは一衣帯水、環境問題に国境はありません。こうした環境の中、新たな市場開拓によってビジネスを拡大させ、国内外の社会問題解決の一助となるよう貢献していきたいです。