営業でも製品開発に
深く関われることが
やりがい

桑原 里枝子
営業 / 電子情報材料事業本部 電子材料販売第1部 / 2006年入社

熱硬化性接着剤の国内および海外向け営業を担当しています。接着剤といっても一般消費者向けではなく、工業製品向けの接着剤です。お客様は電子機器、自動車、医療機器など多岐に渡ります。営業としてはそれぞれの業界知識を身につけなければならないため大変ですが、その分情報量や経験値がどんどん増えていくので、日々刺激的です。仕事は大きく分けて既存のお客様のフォローと新規のお客様の開拓があります。もちろんどちらも重要ですが、より大変なのは新規開拓です。どの会社のどの製品に担当素材を使用してもらえそうかをリサーチし、まずは担当者(大抵エンジニア)にコンタクトするところから始めます。東レの素材に興味を持っていただけたら、東レでできること、できないことを社内の技術者と一緒にお客様と摺り合わせ、そのニーズに合った製品を開発していきます。試作・評価・摺り合わせ・再試作を何度も繰り返しますので、上手くいっても販売開始となるまで1年以上かかることが殆どですが、販売開始までこぎ着けられたときの嬉しさはとても大きいものがあります。営業でもこのような製品開発に深く関われることが、この仕事のやりがいだと感じています。

仕事に取り組む上でのポリシーは、相手の気持ちになって考えてみることと、自分で抱え込まないことです。
若手の頃は、自分の都合(お客様にとっては東レの都合、工場にとっては営業の都合)ばかりを考えて行動していて、相手との歩み寄りができず、なかなか話がまとまりませんでした。おかげで案件の進み具合も遅く、上司にもよく叱られました。また、自分から情報(特に悪い情報)を発信せずに抱え込んで、社内の技術や生産などの関係者に迷惑をかけることもしばしばありました。時には相手の都合や立場を度外視して押し切ることも必要だと思いますが、まずは相手の立場を考えてみること、情報は良いことも悪いこともきちんと発信することを仕事に取り組む上での基本にしています。