大型M&Aや
大規模設備投資案件に
大きなやりがい

松本 浩平
管理 / 経理部 / 2003年入社

東レ本体の業績管理全般および東レグループ全体の業績取りまとめを主な業務とする部署に所属しており、私は設備投融資の管理を担当しています。設備投融資は会社の中でも最も重要な資源配分の1つであり、業務を通じて様々な案件の詳細まで知ることができること、またその意思決定のフローに携わることができることに貴重な経験をさせてもらっていると感じています。最近では当社も大型M&Aや大規模な設備投資案件が増えてきており、日々緊張感を持って業務にあたることが求められますが、その部分にもやりがいを感じています。主な業務は、東レ本体で実行される全ての稟議案件と海外も含めた東グループ全体の主要案件について内容に問題がないか精査することです。中でも最も大きな業務としては、東レグループが世界中のどの地域のどの事業に投資をしていくべきなのかという投資枠の配分を立案することです。これは会社の経営にも影響を与える非常に神経を使う仕事ですが、なかなか経験できることではなく大きなやりがいを感じています。

仕事をするにあたって、特に2つのことを心に留めて日々取り組んでいます。
1つは、自分なりの視点で担当業務を1から見直すことです。管理業務の目的は、経営判断を行ってもらうための情報をマネジメント層へ提供することにあると考えていますが、伝えるべき情報やその伝達手段・集約方法は環境とともに常に変化するとも考えています。個々の業務については諸先輩方の英知の結集でありますが、その時の環境や諸条件によっては情報の内容・精度等が大幅に改善される可能性があります。そういう意味で失敗を恐れず新しいことにチャレンジしたいと考えています。
2つ目は、相手の立場になって考えてみるということです。現業務では、国内外の多数の関係者と直接やり取りをしますが、同じ企業体の人間とはいえ、一度も顔も合わせたことがない人も多く、直感的に相手の主張が理解できないこともあります。そういう時に自分の立場や考えで瞬時に判断せず、一呼吸置いて結論を出すように心掛けています。そうすることでお互いの理解も深まり、より良い結果が生み出されると感じています。