ライフイノベーション

素材の力で、医療の高度化を支えていく。

医療の高度化がもたらすもの。それは、現在の医療では治すことのできない、難病の治療法を開拓することだけではありません。
医療の高度化は、医療の安全性をさらに向上させ、患者さん自身や医療に従事する方の負荷も軽減します。
例えば、血液透析になくてはならない人工腎臓の進化は、透析治療をより効果的なものにしています。
また、高いX線透過性を持つ炭素繊維複合材料はX線検査時の被ばく量低減に貢献しています。
まだまだ決まった答えのない部分が多い医療の分野。そこに先端材料や技術の強みと、これまでに培ってきた医薬・医療の経験と実績を加え、医療の高度化を支えていく。
それが、私たち東レの使命だと信じています。

人々の生活を豊かにするイノベーションを。

東レの医薬品・医療事業の歴史は1970年代にスタートしました。
世界で初めて合成高分子膜を使用した人工腎臓の開発に成功。医療に素材の力が加わり、血液の浄化を可能にしました。これが東レの目指す「ライフイノベーション」の原点です。
以来、医薬品や医療機器を手がけてきた私たちは、先端材料によるメディカルとヘルスケア分野への貢献を目指し、ライフイノベーション事業の拡大に取り組んでいます。
例えば、病気の早期発見や病気の性質を予測するDNAチップやタンパク質解析チップによる「先制医療」は、医療の新たな方向性として期待が集まっています。
また、着るだけで心拍数や心電波形などの生体情報を取得できる新素材「hitoe™(ヒトエ)」。高まる健康志向に合わせて、先端材料とITの融合により新たなソリューションを示しました。
世界の人々の生活をより豊かで快適にするイノベーションを実現するために、医薬・医療の分野に加えて、健康管理や長寿にも素材の力で貢献していきます。