グリーンイノベーション

素材が切り拓く、持続可能な社会。

急激な人口増加。産業の発展。世界を見渡せば、負の遺産とも言える地球規模の問題が増加しています。
地球温暖化や水不足の問題から、資源枯渇の問題まで。こうした地球規模の問題を一つひとつ解決していくことも、私たち企業の社会的責任です。
そして、技術や素材の力を通じて社会に貢献していくことが、企業の成長にもつながるのです。
例えば、炭素繊維を使用した軽量で低燃費な航空機や自動車が、人々の移動手段をよりクリーンにします。
他にも、太陽光や風力などの再生可能エネルギー関連製品、リチウムイオン電池や燃料電池などの部材や、石油原料を使用せず植物などを原材料とするバイオマス素材にいたるまで。
持続可能な社会の実現には欠かせない様々な先端材料の研究開発を基盤として、地球環境や、資源、エネルギー問題の解決に貢献するグリーンイノベーション事業を推進しています。

海水を、人類最大の水資源に。

水の惑星、地球。しかし地球上の水のほとんどは海水で、淡水はわずか2.5%。
さらに人間の生活に利用できる水は、全体の0.01%にすぎないのです。水は、限りある資源です。
地球温暖化に伴う気候変動や水質汚染による影響で水資源は減少。
しかし、新興国の経済成長による人口増加で水の需要は高まるばかり。
世界には、安全な水を手に入れることができない人が11億人もいます。今や「水の危機」とも言われ、水不足は地球規模の問題です。節水型社会の構築などの対応は始まっていますが、国土の多くが砂漠に覆われており、そもそも水資源が乏しい地域もあります。
このような状況のなかで、海水から真水を分離する「海水淡水化」の技術が世界中から期待を集めています。
私たちは、ナノテクノロジーを活用した膜技術によって、海水淡水化の要となる逆浸透膜を開発しています。
逆浸透膜以外にも、除去できる物質や透水性が異なる3種類の膜を自社で開発。海水淡水化や排水の再利用など、その地域の問題や用途に応じて最適な水処理膜を提供しています。
東レは地球規模で、水資源の確保に貢献していきます。