東レのイノベーション

素材には、
社会を変える力がある

誰も解けない問題の先に、未来がある。

地球環境問題の改善、高齢化社会への対応。
人類が抱える共通の問題を解決することが、社会の持続的な成長につながります。
私たち東レにできること。
それは、素材メーカーとして地球規模の問題に取り組むこと。
素材の力で解決策を生み出し、イノベーションを起こしていくこと。
しかし、新しい素材はそう簡単には生まれません。
イノベーションは一朝一夕では起こりません。
それでも私たちは、愚直に、粘り強く研究開発に取り組み、
世の中で求められている付加価値の高い新素材を、数多く送り出してきました。
日常を彩る衣料品、エレクトロニクス製品、そして自動車や航空機などの素材・部材から、
水処理膜や、医療に関わるライフサイエンス関連製品にいたるまで。
私たちは先端素材で、世界中のあらゆる人々の暮らしを支え、
未来の世界を、より安全で快適なものへと変えていきます。
素材の力で、世界の問題に、まだない答えを。
東レは未来を見つめ、どこまでも前へと進み続けていきます。

半世紀、答えを探し続けられるか。

1926年に創業して以来、東レの歴史は試行錯誤の歴史でもあります。
東レの研究開発は、誰もが不可能だと思っていた製品を世に生み出し、人々の生活を変えました。
新しい繊維を生み出してきた力を原動力に、私たちは樹脂やフィルムをはじめとする様々な素材を開発してきました。
世界中から注目される炭素繊維もそのひとつです。
鉄よりも軽くて強い炭素繊維は、航空機や自動車などに使用され、今でこそ革新的な素材として注目を集めていますが、私たちが炭素繊維の研究を開始したのは今から50年以上も前のこと。
何度も開発中止の危機に直面しながらも、「炭素繊維の飛行機を飛ばしたい」という想いを胸に、この素材の可能性を信じて、粘り強く研究開発を続けてきました。
新しい価値を創造して、社会に貢献する。
どれだけ時間がかかろうとも、絶対に諦めずに、形にしていく。
私たちに脈々と受け継がれている確固たる信念は、
東レが世界に羽ばたく大きな力になっているのです。

素材には、社会を変える力がある。

新しい価値の創造を通じて社会に貢献していくこと。
それが私たち東レの企業理念です。
地球規模で社会に貢献し続けるために、
あらゆる分野でイノベーションを起こす「革新と創造」に取り組んでいきます。
コア技術である有機合成化学、高分子化学、バイオテクノロジー、ナノテクノロジーを極限まで磨き上げる。
そして、生み出された新たな素材を世界中に届け、世界の問題の解決に貢献し続けます。
全ての製品の元となる素材には、社会を本質的に変える力があります。
しかし、素材だけでは社会は変わりません。世界の問題も解決しません。
世界の人々に貢献したい。支えたい。
そんな想いこそが、世界の問題を解決する原動力だと思うのです。
だからこそ私たち東レは、高い志と熱意を持った人を求めます。
誰よりも強い気持ちで、革新と創造に取り組む人を求めます。
一人ひとりの熱い想いがイノベーションの「素材」になる、私たちはそう信じています。