事業領域

コア技術(有機合成化学、高分子化学、バイオテクノロジー、ナノテクノロジー)を価値創造の源泉として、基幹事業(繊維事業、プラスチック・ケミカル事業)、戦略的拡大事業(情報通信材料・機器事業、炭素繊維複合材料事業)、重点育成・拡大事業(環境・エンジニアリング事業、ライフサイエンス事業)を世界25カ国・地域で展開しています。

「わたしたちは新しい価値の創造を通じて社会に貢献します」という企業理念のもと、ケミストリー(化学)の力で地球規模の社会的課題に挑戦しています。

繊維

繊維

繊維事業では、ナイロン、ポリエステル、アクリルの3大合成繊維すべてを展開しています。原糸・原綿、テキスタイル、縫製品などの衣料用から、エアバッグ・シートベルト、火力発電用バグフィルターなど各種の産業資材用途まで、幅広い分野で事業をグローバルに拡大しています。

詳しくはこちら

プラスチック・ケミカル

プラスチック・ケミカル

プラスチック・ケミカル事業では、樹脂・フィルム・ケミカル製品の3つの事業分野で多様な素材を展開しています。ポリエステルフィルムや特殊有機溶剤の世界ナンバーワンメーカーとして高い国際的競争力を誇り、また、非石化原料由来の樹脂や次世代電池部材フィルムなど環境対応にも力を入れています。

詳しくはこちら

情報通信材料・機器

情報通信材料・機器

情報通信材料・機器事業では、薄型ディスプレイ向け高機能フィルム、液晶カラーフィルター、電子回路基板材料、半導体材料、IT関連製造装置などを提供しています。お客様とのパートナーシップをさらに強化し、課題解決型の研究・開発でソリューションを提案しています。

詳しくはこちら

炭素繊維複合材料

炭素繊維複合材料

炭素繊維の世界ナンバーワンメーカーとして、航空機や自動車の構造材料・部品から圧力容器・風力発電の風車・建築補強材料などの産業用途、スポーツグッズ向けまで様々な分野で高い評価を得ています。 また、航空機や自動車の軽量化による大きな省エネ効果が期待されることから、地球温暖化問題解決に貢献する素材として注目されています。

詳しくはこちら

環境・エンジニアリング事業

環境・エンジニアリング事業

水処理膜をフルラインナップで展開する東レの水処理事業は、水不足の深刻化が予測される21世紀の水需要に対し、 世界トップレベルの技術力を有する逆浸透膜(RO膜)などの水処理の技術で、水資源の確保に貢献していきます。

詳しくはこちら

ライフサイエンス・その他

ライフサイエンス・その他

ライフサイエンス事業の主力は、医薬事業、人工腎臓やコンタクトレンズなどの医療材事業および超高感度DNAチップなどのバイオツール事業です。また、分析・調査・研究支援等のサービス事業も行っています。

詳しくはこちら