「海外勤務」「経営者になる」
2つの目標を東レで実現させる

スポーツ・衣料資材事業部(繊維営業)
2012年10月入社
亀井 敬之

繊維業界のリーディングカンパニーである東レで、自らの可能性に挑戦したい。

前職について

4年半ほど、繊維メーカー系の商事会社に営業職として勤務していました。産業資材向け繊維素材の海外営業を担当しており、商材はアラミド繊維等の高機能繊維や人工皮革、ポリエステル短繊維まで幅広く扱っていました。欧州地区を中心に客先も多岐に渡り、スポーツブランド、防護衣料メーカー、湿式不織布メーカー等が主なクライアントでした。

東レへの入社理由

縮小していると言われる繊維業界の中で、継続的に成長し、Innovationを起こし続け業界を引っ張っている東レに魅力を感じました。また、国内外に多くのグループ会社を持っており、海外勤務や経営者になるという自らの目標を実現する舞台が整った東レで、自分の可能性に挑戦したいと思い転職を決意しました。

「自分の目標とする先輩がいる」、その環境が仕事のモチベーションを高める。

現在の仕事内容

現在私は、スポーツテキスタイルを扱っており、スポーツブランドやカジュアル衣料ブランドに対して、素材の企画・開発・販売業務を行っています。個人としては「海外スポーツブランドへの販売拡大」・「高機能ビジネスシャツ素材の開発」に注力しています。どちらも入社後早いうちからチャレンジさせて頂き、やりがいを持って業務に取り組んでいます。

東レで働く中で大変だったこと・やりがい

同じ繊維系からの転職とは言え、商事会社とメーカーでは求められる知識や役割、業務内容も大きく違います。一から身につける知識が多く、一人前になるために日々の努力が不可欠でした。ただ、職場の周りに自分の目指す姿に近い方が多く、入社理由である自己実現に近づいている実感があったため、モチベーションを高く継続して努力できました。

目標に向かって、周りの仲間と切磋琢磨する充実した日々。

東レで今後やりたいこと

私が東レで今後挑戦したい事は2つあります。 1つ目は海外勤務従事、2つ目は経営者になる事です。これは以前からの私の目標です。 東レ、あるいは同社の持つ国内外関連会社というインフラを利用し、業界のリーディングカンパニーの経営に携わっていきたいと思っています。

東レ社員の人柄

東レにはビジネス人として尊敬できる人、結果を出すことに拘るストイックな人が多いです。 そのような環境なので、個々人が自己研鑽を惜しまず、良い意味での競争が生まれている会社だと思います。 私自身も、周りから強い刺激を受け、負けないように日々邁進しています。

他の職種を見る