CSRガイドライン

東レグループでは、下記の10項目からなるCSRガイドラインを策定しています。そして各項目を、企業理念に基づく「新しい価値の創造」と、CSR推進において広く普及している「ガバナンス」「社会」「環境」の4つのカテゴリーに分類しています。CSR活動の推進を経営理念の実現そのものと考え、このガイドラインに基づき、計画的にCSR活動を進めています。

新しい価値の創造 事業を通じた社会的課題解決への貢献
ガバナンス 企業統治と経営の透明性
企業倫理と法令遵守
リスクマネジメント
社会 人権推進と人材育成
製品の安全と品質
サプライチェーンにおけるCSRの推進
コミュニケーション
社会貢献活動
環境 安全・防災・環境保全

CSRガイドライン活動とCSRライン活動

東レグループのCSR活動では、CSRガイドラインに基づき組織的に進めている「CSRガイドライン活動」と、各部署で目標を掲げて推進している「CSRライン活動」の2つを並行して進めています。