健康・福祉社会医薬・ライフサイエンス分野での
新しい価値の創造

東レエンジニアリング(株)は、東レ(株)の繊維やフィルム、ファインケミカルなどを製造するプラント建設および装置開発で培ってきた技術とノウハウを生かし、医薬・ライフサイエンス分野における製造プロセスに新たな価値を生み出しています。
例えば、医薬品製造ラインの「洗浄ソリューションシステム」もそのひとつで、医薬品メーカーにとって欠かせない安全性確保のために、製造後の洗浄残りを検知するシステムを開発・提案しています。流体解析で製造物の流れを把握するとともに要所にセンサーや検査装置を配置してオンラインでデータを取得・検知できる仕組みを構築したこのシステムは、プラント事業部や開発部門、エレクトロニクス事業本部が組織を横断して開発・提案することで実現できました。東レエンジニアリング(株)では、お客様の業務課題を的確に把握し、必要な機能とは何かを突き詰め、操作性・環境性・安全性を考慮し、お客様の課題解決につながる提案を行っています。

医薬品製造ラインの「洗浄ソリューションシステム」

医薬品製造ラインの「洗浄ソリューションシステム」

この姿勢は、装置開発においても同様で、注射に代わるマイクロニードル製造装置の開発や手術支援ロボットの実用化に向けて、大学発新興ベンチャー企業との資本提携、同様に東京大学から誕生したベンチャー企業と連携したAI活用など、お客様の課題を解決する技術と装置を開発し、提供しています。
東レエンジニアリング(株)は、「エンジニアリング」と「ものづくり」の融合でお客様の課題を解決し、新しい価値の共創を目指すソリューションプロバイダーであり続けます。

  • マイクロニードルマイクロニードル
  • 大学発ベンチャー「リバーフィールド株式会社」内視鏡把持ロボット大学発ベンチャー「リ
    バーフィールド株式会
    社」内視鏡把持ロボット

VOICE関係者の声

各部門のリソースを結集した総合エンジニアリングに期待

近年、医薬品を取り巻く環境は劇的に変化し、新薬開発の治験手順や製造ガイドラインなどで世界的な協調が行われています。品目切換時に発生する洗浄操作においても異物混入や残存薬剤リスク回避のために高度の洗浄保証が求められています。東レエンジニアリング(株)が、各部門のもつリソースを結集した「洗浄ソリューションシステム」を開発したことは、他社にない特別な製品をお客様に提案できるという大きな武器になると思います。

望月 茂利 様

医薬技術 MSテクノ
代表
望月 茂利 様