生物多様性への取り組み

マテリアリティ

東レグループは、生物多様性保全を温室効果ガスの削減と並ぶ地球環境問題の重要なテーマと位置付けています。事業活動による生物多様性への影響を分析し、持続可能な社会の実現を目指しています。

ワーキンググループによる課題検討

東レグループでは、「東レグループ生物多様性基本方針」に基づいて、3カ年計画のロードマップを策定し、優先順位を付けて対応を推進しています。2016年度は、第3期ロードマップ(2016-2018年度)に沿った活動をスタートさせました。第2期ロードマップで設定した課題を踏襲しながら、活動をブラッシュアップさせる内容となっています。

東レグループ 生物多様性基本方針2010年12月制定

基本的な考え方

東レグループは、生物多様性が生み出す自然の恵みに感謝し、生物多様性の保全とその持続可能な利用に努めると共に、生物多様性の保全に資する製品・技術の開発と普及を通じて社会に貢献します。

行動指針

  1. 事業活動に伴う生物多様性への影響に配慮し、生物多様性の保全と持続可能な利用に努めます。
  2. 環境に配慮した製品・技術の開発に努め、これらの提供・普及を通じて生物多様性の保全に貢献します。
  3. 遺伝資源に関する国際的な取り決めを踏まえ、公正な利用に努めます。
  4. サプライチェーンにおける生物多様性への影響に配慮し、自然との共生に努めます。
  5. 生物多様性に関する社員の意識の向上に努め、ステークホルダーとのコミュニケーションを通じて、生物多様性を育む社会作りに貢献します。
  • ※東レグループは、日本経団連「生物多様性宣言(行動指針とその手引き)」および、環境省「生物多様性民間参画ガイドライン」を尊重し活動を進めます。
    また東レグループは、「日本経団連生物多様性宣言」推進パートナーズに参画しています。

原材料調達

製品製造に必要な原材料において、生物由来原料の使用状況を定期的に調査しています。2016年度は、2015年度に策定した生物多様性への影響に関するチェックルールを全製品に展開し、運用を開始しました。

社会貢献

東レグループでは、社会貢献活動を通じた生物多様性保全も進めています。2016年度は、東レグループ東京地区の社員・家族を中心に「第4回荒川クリーンエイド」を開催しました。これは、NPO法人荒川クリーンエイド・フォーラムからゴミの現状と地球環境・生態系への影響などを学んだ後、「調べるゴミ拾い」を実施しながら、「荒川の生物多様性に触れよう」という企画です。参加者たちは、荒川に生息するベンケイガ二やハゼ、外来種のセイタカアワダチソウなどを手に取り、生物多様性保全について学び考えることができました。

  • 東レグループ東京地区の社員・家族を中心に活動した「第4回荒川クリーンエイド」東レグループ東京地区の社員・家族を中心に活動した「第4回荒川クリーンエイド」
  • 荒川の生物多様性に触れた参加者たち荒川の生物多様性に触れた参加者たち

緑化保全

生物多様性保全活動の一環として緑化方針・計画策定の推進(会社・工場数・件)

対象範囲: 東レグループ

2016年度目標
35件

実績
46件

岡山化学工業(株)の自然樹林岡山化学工業(株)の自然樹林

東レ(株)および国内関係会社の事業場・工場は、操業開始時より育んできた良好な自然樹林※1を極力維持するため、「東レグループ緑化基本方針」※2に沿って2020年近傍を見据えた工場緑化方針・計画を作成し、それに基づく緑化保全活動を行っています。この持続性ある緑化保全活動は地域社会の環境保全にも貢献しています。

  1. ※1 地域の潜在自然植生に基づく樹種で造成した樹林もしくは自然林
  2. ※2 1973年に制定した緑化方針を2012年に発展的に改訂し、制定しました

東レグループ 緑化基本方針2012年6月制定

  1. 生物多様性に配慮した自然生態に近い樹林方式で緑化を進め、地域の自然環境保全にも貢献します。
  2. 工場敷地境界部分を優先的に樹林方式で緑化し、「森に囲まれた工場」を目指します。
  3. 緑地面積率は各国・地域の規制や周辺環境との調和に配慮し、各工場ごとに目標を設定して緑化を推進します。

VOICE担当者からのメッセージ

地域の一員として、地元の自然を守っていきたい。

石川工場は2011年4月に、「いしかわ版里山づくりISO認証」を取得しました。この制度は、里山里海の利用保全活動の取り組みを石川県が認証するものです。里山は、人々が適度に手を入れることで、多くの生きものにとっての貴重な生息空間となりますが、近年は、人の手が入らず生物多様性の低下が懸念されています。
石川工場では、1992年から毎年10月の第1土曜日に「七ツ滝清掃ボランティア活動」として、滝周辺の遊歩道の除草と清掃を実施しています。毎年、社員とその家族を含めて約150人が参加し、気持ちの良い汗を流しています。
また、2016年には、社宅・寮がある能美市緑が丘に、総務課員が事務局として造成から携わった「いこいの杜」が完成しました。ここでは、2017年度新入社員が森づくり活動として、落ち葉拾い清掃を実施しました。
地域とともに発展する石川工場の社員として責任と誇りを持ち、これからも社会貢献活動に参加していきたいと思います。

  • 七ツ滝清掃全員写真七ツ滝清掃全員写真
  • 七ツ滝清掃作業七ツ滝清掃作業
  • 七ツ滝遊歩道清掃前後七ツ滝遊歩道清掃前後
  • いこいの杜清掃いこいの杜清掃

南 克俊

東レ(株)
石川工場 総務課南 克俊

東レグループの事業活動と生物多様性の関係性マップ

東レグループは、原材料調達から始まる事業活動のライフサイクルにおいて、生物多様性にさまざまな形で影響を与えています。
事業活動と生物多様性との関わりをリスクと機会の側面に分けて整理し、2つの関係性マップにまとめました。

リスク側面

機会側面