健康、福祉

「ライフイノベーション事業」を推進する東レグループは、社会貢献活動の一環として、がん検診受診のための活動、子どもたちの健全な育成を目指すスポーツ指導、スポーツ振興、福祉ボランティアなど、健康・長寿社会の実現に向けた取り組みをグローバルに進めます。

テニスを通じたピンクリボン活動支援

「乳がん」は、早期に発見すれば尊い命を落とすことの少ない病気でありながら、日本では女性のがんの死亡率の第1位となっています。
東レPPO(東レ パン・パシフィックオープン・テニス)は、乳がん撲滅を願う世界共通のシンボルマークである「ピンクリボン」に託された、日本女子テニス連盟の思いを支援し続けてきました。この乳がん撲滅キャンペーン推進のために、日本女子テニス連盟が毎年新しいデザインで制作するバッジを、東レPPO会場内ブースで販売しています。
さらにバッジの代金を積み立てている「ピンクリボン基金」から検診用のX線撮影装置マンモグラフィーを医療機関に寄贈、また毎年東レPPO会場内にマンモグラフィー検診車を派遣し、検診希望者には検診費を補助して、受診していただいています。

  • 会場内に設置された日本女子テニス連盟のブース会場内に設置された日本女子テニス連盟のブース
  • 東レPPO会場内に派遣されたマンモグラフィー検診車東レPPO会場内に派遣されたマンモグラフィー検診車

インドネシアの「東レ柔道クラブ」

東レグループは、インドネシアで柔道の指導を通じて子どもたちの心身の成長を応援しています。
バンテン州タンゲラン市にあるP.T.Indonesia Toray Syntheticsの敷地内に1995年に開所した「東レ柔道ホール」で、日々無料の「東レ柔道クラブ」を開き、5人の社員が10歳から17歳まで50人の子どもたちを指導しています。
こうした柔道による地域貢献は、タンゲラン市内にとどまらず、バンテン州でも広く認められています。2016年11月には「バンテン州柔道ジュニア大会」を開催、150人の選手が出場しました。柔道は、子どもたちが将来にも役立つ忍耐力を養い、礼儀作法を身に付けるきっかけにもなっています。
東レグループでは、柔道のほかにもボート部、剣道部、バレーボール部などの運動部が、地域の子どもたちのスポーツ指導をしたり、合宿を受け入れるなど、スポーツを通じて地域の健康・福祉の向上に貢献しています。

  • 柔道大会の出場者とタンゲラン市長柔道大会の出場者とタンゲラン市長
  • 柔道クラブでの試合前の合同練習の様子柔道クラブでの試合前の合同練習の様子
  • タンゲラン市長から大会優勝者へのメダル贈呈タンゲラン市長から大会優勝者へのメダル贈呈

「上海国際マラソン」協賛によるスポーツ振興

上海マラソンの出発地点上海マラソンの出発地点

東レ(株)と東麗(中国)投資有限公司は、「上海国際マラソン」の協賛を通じて、中国のスポーツ振興に貢献しています。21回目の開催である2016年大会のエントリーは38,000人と、過去最多となりました。

アローズOB・OGによる小学校体育(バレーボール)の授業支援

東レアローズ(男子・女子)のOB・OGは毎年、特別講師として小学校に出向き、「ソフトバレーボール」の授業を支援しています。
2016年度は東京の3校で実施し、現役選手も練習の手助けに加わって授業を盛り上げました。担任の先生からは授業の内容について「上手ではなくても、バレーボールを楽しいと感じることができました」「児童一人ひとりの頑張ろうという意欲が育まれました」と感謝の言葉をいただきました。

  • 授業に取り入れたボールに親しむゲーム授業に取り入れたボールに親しむゲーム
  • 東レアローズOB・現役選手が一緒に実技指導東レアローズOB・現役選手が一緒に実技指導

独り暮らしの高齢者訪問

香港東レグループのCSR委員会のメンバーは、高齢者支援活動の一環として、2016年4月に独り暮らしの高齢者の方々の自宅を訪問しました。ソーシャルワーカーから事前にレクチャーを受けた上でグループに分かれて各家を訪問し、高齢者の方々から昔の話をたくさん聞くことができました。

献血と障害者施設でのボランティア

マレーシアのPenfibre Sdn.Berhadは、2016年5月、地元公立病院の支援を受けて献血活動を行いました。3年目となる今回は、Toray Industries (Malaysia) Sdn.Berhad とPenfabric Sdn.Berhadの社員も含む103人が参加し、198人の命が救える約37リットルを献血しました。
また、9月にはPenfibre Sdn.Berhadの有志30人がペナン島にある障がい者施設でボランティア活動を行いました。施設の説明を受け、全員で安全スローガンを唱和した後、ガーデニング班、清掃班、手芸班の3班に分かれ、庭の草刈り、プールや室内の清掃、倉庫内の整頓、販売用の手芸品づくりなどを行いました。

  • 献血活動に参加する社員献血活動に参加する社員
  • 障がい者施設でのボランティア活動障がい者施設でのボランティア活動

「ふれあいトリオ」コンサート

アーティストの3人(写真中央)とボランティアスタッフアーティストの3人(写真中央)とボランティアスタッフ

東レ(株)は障がいをおもちの方を対象とした招待コンサート「ふれあいトリオ」に協賛しており、社員ボランティアが公演をサポートしています。
2016年は大阪公演に約300人、東京公演に約700人のお客様を招待しました。ボランティアスタッフは、会場への道案内や会場内での座席案内、バイオリン体験コーナーや舞台上でのボディパーカッションを手伝いました。

子どもたちに給食を届けるチャリティーウォークに協賛

チャリティーウォークへの参加者チャリティーウォークへの参加者

2016年5月、国連WFP(World Food Programme)が主催し、蝶理(株)が企業協賛する「WFP ウォーク・ザ・ワールド 2016」が開催されました。
このイベントは、途上国の子どもたちを飢餓から救うことを目的としたチャリティーウォークで、参加費の一部が国連WFPの学校給食プログラムに役立てられます。
栄養たっぷりの給食が学校で支給されることで、子どもたちの就学率・出席率が上がり、学習機会の創出や貧困からの脱出を支えることができます。同社はその趣旨に賛同し、またグループ社員の健康増進と一体感醸成を目的として企業協賛しています。200人を超える社員とその家族がイベントに参加し、ウォーキングを楽しむとともに、その参加費から173,400円(給食約5,800食分)が国連WFPに寄付されました。