東レと患者団体との関係の透明性に関する指針

東レ株式会社(以下、当社といいます)は、日本製薬工業協会(以下、製薬協といいます)「企業活動と患者団体の関係の透明性ガイドライン」に示された理念を踏まえ、当社の活動が、患者団体※1との関係の透明性を確保することにより、患者団体の独立性を尊重する高い倫理性と相互理解を担保したうえで患者団体の活動・発展に寄与していることについて広く理解を得ることを目的として、当社が患者団体に対して行った資金提供等を、以下により公開します。
また、当社が行う患者団体とのあらゆる活動は、製薬協で定める「製薬協企業行動憲章」、「製薬協コンプライアンス・プログラム・ガイドライン」、「医療用医薬品プロモーションコード」、「企業活動と医療機関等の関係の透明性ガイドライン」、「患者団体との協働に関する行動指針」をはじめとする関係諸規範、並びにそれらの精神に従って行います。なお、医薬品関連部署における活動に限っての公開とし、医薬品事業では当社連結会社である東レ・メディカル株式会社(以下、東レ・メディカルといいます)の医薬品関連活動を当社に含めて公開いたします。

  1. ※1 「患者団体」とは
    患者・家族、その支援者が主体となって構成され、患者の声を代表し、患者・家族を支えあうとともに、療養環境の改善を目指し、原則として、定款・会則により定義された役割や目的を持つ患者会および患者支援団体とする。

1. 公開方法

当社ホームページを通じ、前年度(4月1日から3月31日まで)分の支払いについて、決算終了後に公開します。
なお、公開対象項目については、団体名を個別に公開することから、事前に公開に対する同意の手続きを取らせていただきます。

2. 公開時期

2013年度分(2013年4月1日~2014年3月31日)を2014年度から公開します。
以降同様に、毎年度分を翌年度公開します。

3. 公開対象

以下のA.~D.に該当する支払いについて公開します。

A. 直接的資金提供

寄付金、会員・賛助会員費、協賛費、広告費等

<開示方法>
○○○会  寄付 XX万円
賛助会員費 XX万円
広告費 XX万円

B. 間接的資金提供

患者団体支援を目的とした当社主催・共催の講演会、説明会、研修会等に伴う費用及び患者団体支援に関連して外部業者に委託した費用

<開示方法>
全患者団体に対する当社の資金提供の年間総額
提供団体
XX万円
○○○会、△△△会、○○を守る会

C. 当社からの依頼事項への謝礼等

講師、原稿執筆・監修、調査、アドバイザー等の費用

<開示方法>
○○○会  講師謝金 XX万円
原稿執筆・監修料 XX万円
アドバイザー謝金 XX万円

D. その他

労務提供の有無

<開示方法>
労務提供団体  ○○○会、△△△会、○○を守る会

以上

<公開情報>

以下の情報についてはこちらよりご覧ください。

  • 医薬事業における患者団体への金銭の支払い状況(2016年度分)

上記に関するお問い合わせはこちらから承ります。
(お電話等、こちらのフォーム以外でのお問い合わせにはお応えできかねますのでご了承ください。)