動物実験倫理に関する情報公開

東レ株式会社は、医薬品・医療機器の創出を通じて人類の発展および健康増進に貢献することを目指し、医薬品・医療機器の研究開発を行っています。医薬品の有効性および安全性、あるいは医療機器の有効性および性能を評価するためには動物を用いた実験が必要となりますが、その実施につきましては動物愛護と生命の尊厳の観点から適正に実施されなければなりません。
当社は、動物実験の適正な実施のために、「動物の愛護及び管理に関する法律」、「実験動物の飼養及び保管並びに苦痛の軽減に関する基準」および「厚生労働省の所管する実施機関における動物実験の実施に関する基本方針」やその他の関連法令やガイドラインに基づく動物実験指針等の社内規定を策定しています。それら規定に基づき「動物倫理委員会」を設置し、社内にて実施される動物実験内容の適正につき3R(Refinement:苦痛の低減、Reduction:使用数の削減、Replacement:代替法の探求)の考えに基づき厳密に審査し、動物生命の尊厳維持に努めています。
また、実施された動物実験の実施状況について自己点検・評価を行い、適切な実施を確認しています。実験者には、動物実験および倫理に関する教育訓練を定期的に行い、実験動物の取り扱いに関する資格取得や学会参加による情報収集にも積極的に取り組んでいます。さらに、医薬品・医療機器研究のために犠牲となった実験動物に対する感謝と敬意を表するため、年1回の動物慰霊祭を行っています。
上記のような当社の動物飼養および実験実施に対する適正な取り組みの下、2012年度に財団法人ヒューマンサイエンス振興財団の評価を受け、動物実験実施施設認証を取得しました。