海水を飲料水に変える技術が世界規模の水不足を解消する。素材には、社会を変える力がある Vol.1

「水の惑星」と呼ばれる地球ですが、実は地球上の水のうち、97.5%を占めているのは海水で、人間が利用できる淡水は地球上にたった2.5%。そのうちわたしたちが実際に利用できる水はさらに少なく、全体の約0.01%程度といわれています。
一方で近年、人口の増加と経済発展、気候変動などによって引き起こされる水不足は、今や深刻な環境問題のひとつとなっています。

こうした状況のなか、地球上に豊富に存在する海水から飲料水を作り出すことができたら、水不足で困っている地域の人々の助けになるはず。東レの願いが、海水を淡水化して真水にする技術によって実現しています。

豊富な海水を淡水化して利用する技術

東レの逆浸透膜 ロメンブラ®

当初主流であった海水の淡水化は、海水を蒸発させて塩分を取り除く方法でした。しかし、この方法では大量のエネルギーを消費する上に、適用がエネルギー自給率の高い産油国など一部地域に限定されるデメリットがありました。東レは、蒸発で無く、海水から塩分を物理的に分離する「逆浸透膜」を製品化し、グローバルな海水淡水化の普及を実現しました。

逆浸透膜とは

直径0.6-0.8ナノメートル(1ナノは1mmの百万分の一)の小さな孔が無数にあいた「半透膜」のこと。海水をこの膜に通すことで塩分を取り除き、真水(淡水)を作り出します。

逆浸透膜イメージ図

「逆浸透膜」は、環境問題を引き起こす下水や産業廃水を処理し、再利用するための技術にも用いられます。東レは、「逆浸透膜」を通して、世界的な水不足解消や水環境の改善に必要な海水の淡水化と下廃水の再利用技術を支えています。

東レ企業CM ブルーバタフライ 逆浸透膜篇

たとえば、素材の力で、海の水を飲料水に変える。東レの逆浸透膜技術。

東レの水処理関連製品

関連サイト

一覧に戻る