情報公開原則

当社グループは経営理念における企業行動指針の一つに「倫理と公正」をうたい、その行動基準として、「企業倫理・法令遵守行動規範」を定めています。その中に、「社会とのコミュニケーション」と題して、株主など当社グループを取り巻く様々な関係者とのコミュニケーションを行い、適切な企業情報を積極的かつ公正に開示することを宣言しています。
このため、法令等によって定められた情報開示の遵守に努めることはもちろん、それ以外の情報についても、公正かつ適時適切な情報開示を行うことによって経営の透明性を実現するため、以下の通り情報公開原則を定めて、実践します。

  1. 情報公開原則
    適切な情報開示を積極的に行い、当社を取り巻く様々なステークホルダーとのコミュニケーションを図る。
  2. 自主開示原則
    法定開示・適時開示の遵守に努めると共に、公開可能な事実について自主的に任意開示する。
  3. 適時開示原則
    法定開示・適時開示の開示時期を厳守するとともに、任意開示においても公開可能な事実については、可能な限り早期のタイミングで情報開示する。
  4. 公平開示原則
    あらゆるステークホルダーに対して、偏ることなく公平に情報発信を行う。
  5. 情報管理原則
    情報開示内容に関わる役職員は、情報開示までの情報管理を徹底する。

具体的な社内規程としては、当社および当社の子会社の経営に重大な影響を及ぼすおそれのある重要事実に関する情報を管理するために、「内部情報管理および内部者取引規程」を制定し、内部情報の管理、内部者取引の規制、重要事実の公表の手続き等を規定しています。
なお、重要事実の公表担当部署は広報室とします。

以上